何の悩みも苦しみもない生活を求めて必死に勉強してきた : 人生相談とか日常とか

何の悩みも苦しみもない生活を求めて必死に勉強してきた

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1335619820/
767 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 02:06:21.55 ID:RrwKxzVP
随分と長文になってしまいました。先にお詫びいたします。

完璧主義者の気があるのか、小さい頃から「絶対の安寧」を求めて生きてきました。
それを求めるのが私という人格の生きる理由でした。

子供の頃は馬鹿だったので、親が「絶対に将来安泰だ」というのを鵜呑みにして
必死に勉強して偏差値70くらいの中学校に入ってみたりもしましたが、
どんなにいい学校や会社に入ったところでそれは終点ではないということを知り驚愕しました。
それでも諦めきれず、どこかに終点があるはずだと色々なところを探してみましたが、
結局分かったのは、生きているうちに終点に至ることはできないということ、
そして私が生きている限り私も私の周りの世界も変化し続けるので、
「絶対の安寧」は得られないということだけでした。

私は今所謂ヒキニートなのですが、ついに今年成人を迎えることとなります。
このまま就労も就学もしないとなると家を追い出されてしまうので、
しぶしぶ大学入学の受験勉強をしていますが、
この先私がどんな道を歩んだとしても私の求めるものは得られないのだと思うと、
とても辛く気が狂いそうです。
どうすればこんな馬鹿げたことに悩んでいるこの人格を抹消し、
新たに屈強な人格を形成することが出来るのでしょうか。
本当は私一人で消えるくらいならこの身体も道連れにして死んでしまいたいのですが、
子も成していないうえに社会に貢献もしないで死ぬわけには参りません。
どなたかご助言ください。

スポンサードリンク
771 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 02:24:31.76 ID:5S0K1XQo
>>767
子を成し社会に貢献する気はあるのか。
なら目の前の受験勉強を必死にやればいいだけだよ。
屈強な人格ってのは、そういう過程で得られるものだから。
絶対の安寧は無い、っていうのは、その通りだと思う。
でも、その点に於いてはありとあらゆる生物が同じ条件なんだよ。
あなたが引き篭もっていてもいい理由にはならない。わかってるとは思うけど。
あと、求めるものって自分が成長する過程で変わってくるので、
それに思いを馳せて気が狂うのは無駄骨だと思うよ。
受験、頑張ってね。頑張った人の未来は明るい。例え思い通りにならなかったとしても。

774 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 02:26:38.33 ID:cQzw+dia
>767
>結局分かったのは、生きているうちに終点に至ることはできないということ、
命には終わりあり、能には果てあるべからずって有名な言葉を思い出したよ。
あんたの経歴なら、世阿弥くらい目にしたことがあるんじゃない?
「絶対の安寧」、か。もちろん世の中にそういう境地は存在するよ。
個から出でて普遍へと至る道のりの中途にある代物だから、
いまのあんたのように民族の本体性ってものを頭から無視している状況では、
ご所望のものの影さえ踏むことができないだろうけど。
ま、以上はどうでもいい与太話だ。

屈強な人格、か。自らの人格の未熟さに気づいた人々は、なぜかおおむね「強さ」をこそ求める。
あんたらに必要なのは屈強さではなく、しなやかな強靭さなんだけどな。
まあいいや。岩波文庫のラッセルの『幸福論』でも読んでおけば。

777 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 02:35:05.48 ID:jlBytQhv
>>767

どうせ行くなら、海外の大学に行くと良いんじゃないかな。
日本の大学は、ご存知のようにぬるい所あるから、幾らでも手抜きできるじゃない。
結局人に拠るのだけれど。
日本以外の大学生はもっとシリアスに勉強していると思うんだ。
それから海外に行けば、いかに今のあなたの状況が過保護だったかが良くわかると思うよ。
屈強になれるよ、間違いなく。掘られるかもしれないけど。頑張れ!

783 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 03:18:06.87 ID:RrwKxzVP
>>771
>子を成し社会に貢献する気はあるのか。
自分の願望というよりも義務感に近いです。
子孫を残すのが生物として生まれた意味、社会に貢献するのが人間として生まれた意味だと解釈してきました。
もっとも私の勝手な解釈で子供を振り回すわけにはいかないので、
せめて片方だけでも、と考えたのも大学受験に踏み切った理由の一つです。
しかし年をとるにつれ、この義務感と私の臆病な感情を両立させることが難しくなり、悩みが生じました。
長々と書き連ねた割りに要点をまとめられていませんでしたね。すみません。

>>774
何事にも耐えうる屈強さも全てを受け止めるしなやかさも、形は違えどどちらも「強さ」であり、
どちらであってもそれを備えることは人生に有利に働くのではないのでしょうか。
ご紹介いただきました本を読んでみます。ご助言ありがとうございました。

>>777
771へのレスの通り、大学進学を目指しているのは義務感であって願望ではないので、
国内外のいずれの学校に進学するにせよ、今のままでは純粋に学問をすることは出来ないと思います。
しかし本当に学びたいことがあるならば、海外の大学を視野に入れるのは良いことですよね。
あと残念ながら女でちっぱいなのでロ○コンにしか相手にされないと思うよ。

784 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 03:35:11.43 ID:ulndDoOK
>>783
修飾が多くてよく分からないんだけど、将来安泰で安寧を得られると思ったって言うなら、、
それは寝っ転がって鼻ほじってても衣食住何の問題もない生活ってことでいいの?
感情を言葉で仕分けするのに凝ってるように見えるけど、実際はそんな単純じゃないよ
願望と義務感て不可分なものだと思うけど
例えば「トイレ行きたい」っていうのは願望なの義務感なのどっちなの?

あとチビで乳なしはロ○コンに相手されない、なんてことはないよ
年上と結婚した奴は皆マザコン、と同じくらい極論だよそりゃ

785 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 04:06:26.79 ID:RrwKxzVP
>>784
>例えば「トイレ行きたい」っていうのは願望なの義務感なのどっちなの?
排泄したいというのは願望で、それをトイレでしたいというのは義務感だと思います。
その道には明るくないので間違っているかもしれませんが、
義務感は人間にしかありえないものだと思いますから。

子供の頃に思っていた「絶対の安寧」は、何の悩みも苦しみも伴わずに、
学んだり仕事をしたりして生活をすることでした。
何か行動を起こせば様々な感情も湧き上がるものだと今は分かりますが、
当時の私はそこまで考えが及びませんでした。

余談になりますが、私は自分が嘘つきであるせいか、人を内面で評価することが出来ません。
他人の内面を愛する人がいるのも分かってはいるのですが、どうしても納得は出来ないのです。
相談の内容だけでなくあらゆる点でおかしな性格なのかもしれませんね。

786 :マジレスさん : 2012/05/04(金) 04:44:12.16 ID:ulndDoOK
>>785
要は社会性が伴うことは義務感て捉えてるわけね
んで小さい頃はいつか悩みなんかなく幸せになれる日がくると思っていたけど、
どうやらそんなことないらしい、て気付いたということね

社会だとかいわゆる現実に向き合うのが辛い、よくある悩みごとじゃないの
まあ本人にしてみたら大事かもしれないけども
ただ先が見えないくて辛いというのはなかなか難しいね
「何の悩みもなく仕事する」のが夢で「~の仕事」の部分は何もないの?

別に皆が内面だけで評価するとは言ってないし、納得する必要もないと思うよ
ただそういう人もいる、という話
もちろんガチガチのロ○コン、というだけで寄ってくる人もいるかもしれないしね
今まで自分が出会ってきた人たちを評価基準に他人を判断するしかないんだから、
これから先に出会う人でまた評価の仕方も変わってくると思うよ
そういう意味でも、外の世界に望みを託して今の受験勉強やってもいいんじゃない

1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2012/05/08 15:00
人気サイトの新着記事
[ 2012/05/08 15:00 ] 人生 | コメント(4)
コメント
※213. 人生名無しさん : 2012/05/08 19:45
はいわろ
※221. 人生名無しさん : 2012/05/09 17:28
中二病か
※254. 人生名無しさん : 2012/05/12 09:01
真面目にアドバイスするなら、精神科や心療内科の受診をすすめる。
性格を分析して、どう行動すれば人間関係などで悩まずにすむかアドバイスくれる。
自分が変われば周りも自然と変わってくると思うよ。
※2785. 人生名無しさん : 2012/08/20 12:19
20で気付けてよかったじゃないか





管理者にだけ表示を許可する