母は毒親ではなく可哀想で不器用な人間、親という存在を神聖視しすぎていただけなのかも : 人生相談とか日常とか

母は毒親ではなく可哀想で不器用な人間、親という存在を神聖視しすぎていただけなのかも

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1353656093/
204 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/03(月) 09:42:56.63 ID:hYLZDDib
質問です。
毒親の責任と、子供自らの意志は、境目はどこになるのでしょうか?

私は母親を人として全く尊敬できません。
幼い頃は気づきませんでしたが、成長するにつれ
夫である父や子である私に言いたいことを言わず、かといって言わないことを察して行動しないと機嫌を悪くし
客観的な意見には子供のように感情を荒立ててまくしたて、常に自分が正しいというスタンスのもと、人の意見を全く聞こうとしません。

母は母なりに懸命にやっているのでしょうし、そういうことに気づけるようになるまで育ててくれたことには感謝はしていますが
少なくとも他人として出会った場合には、あまり関わりたくない人間だと思います。

近頃、ネグレクトや虐待まではいかなくとも、親としてまともではない親を毒親と表現する言葉があると知りました。
実際いくつか当てはまる項目はあります。
ですがある程度大人になった以上、自分の未熟な行いはあくまで自分の意志で行ったという自覚があるので、
悪いことをした自分は被害者で、その責任は全て親の育て方にあると自己肯定するのは少しおかしいと思います。

何か子供がおかしいことをした際、それが子供独自の考えによるものであるか、毒親の責任なのか
どうやって判断をすれば良いのでしょう。

スポンサードリンク
205 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/03(月) 10:14:25.95 ID:eJvVAGi3
毒親の問題は根深いですね。身近な人間もそれで苦しんでいて、
最近こういった問題の本を探しています。なかなかこれだ!と思うものに出会っていませんが。
自分自身人の親であり両親の子供なので、常に考えてしまいます。
そこに明確な線引きができるとは私には思えません。
世間一般にも、204の中にも、結論は出ないと思います。
204を読む限り、母親からかなり距離を置いたものの見方をできているように思います。
204が苦しくない範囲で、自分の行動に責任を持ち、どうしてもつらいことは
今は母親のせいにして寝かせておく。
そういった「自分の気持ちや、母親自身との距離を常に測りながら消化できるものはする」
という感じで付き合う、以外に道はないんじゃないかと、
質問の答えにはなっていませんがそんなふうに考えています。

206 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/03(月) 10:32:09.21 ID:pZVl7Gb1
毒親だから、子供の過ちには責任はない、と言って良いのは学生時代まで。

世間では、子供が給料を得る身分になった時点で、子の過ちは自己責任。
間違いは間違い、というように見るのが当然。そこに情状酌量は入ってこない。
せいぜい、身近な友人にだけは同情してもらえるとか、裁判のときの判決に
毒親育ちが原因で、と言い訳が挟まるぐらいで。

207 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/03(月) 11:00:32.93 ID:kXlCGuM5
自分の親が毒だと最初から知っている子供などいないのだから、
様々に辛い思いはあるだろうけど、責任を負うべき年齢になれば
その間違いも当然子供本人のものと思う。
道徳や社会におけるルールを学ぶ機会は親子関係の他にもあって
人を育てる事と、人が育つ事はある意味別の話だから。

育った環境、生育歴はあくまで背景であって、それは毒親にも言える事。
全く同じ背景を持つ人が全て毒親になるとは限らない。
子供を持たないという選択肢もあるし、あるいは持った以上は
自分のような連鎖は繰り返さないと必死に戦ってる人もいるよ。
背景が重視されるのは情状酌量や、背景ごと理解しようとする側のためで
間違いを起こした側が自分の背景を言い訳にしてはいけないと思う。

208 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/03(月) 23:41:39.26 ID:ePN/Jpb8
204だけ聞く限り、
欠点が多いだけの割と普通の母ちゃんに思えるが。
204の年はいくつだろう。
大人で仕事をしているならいいが、
学生でそれだったら、
単に扱いづらくて手を焼いて耳を貸さないだけかもしれんよ。

質問に関しては、
毒親であっても、大人になってしばらく経ったら自己責任かな、と私は思います。

で。
実際毒親かどうかの判定は、
結局のところ、子の自立を妨げるかどうか、ここに尽きると思う。
意見を聞く聞かないはその点に比べると割と瑣末かなあ。

217 :204 : 2012/12/04(火) 07:58:08.58 ID:QLooCAjn
皆さん、ありがとうございました。
基本的には「成人する、もしくは社会的に自立すればどんなに毒親の影響だろうと自分の問題であり、周囲はともかく自分で言い訳にすることはできない」という認識が多いのですね。
自分自身もそれに近い考えなので安心しました。
>>208
毒親と欠点の多い親の境界も、正直わかりません。私自身、母親は「毒親」とはっきり当てはめることができる人間ではないと思っています。
どんな育て方の親であっても、結果的に子が自立することができたのなら、定義として毒親とは言わないのかもしれません。

219 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 11:09:35.42 ID:o8eY/8bT
毒親と欠点の多い親の違いは、こうじゃないかなと思ってる。
「あなたはあなたの自由な道で、幸せに感じる生き方を選んでいいんだよ」
この受容と見守りの態度を、子供から取り上げるのが毒、与えるのが普通親。

まったく世間でも子育て教科書的にも満点でも、性感覚が男女逆なのを
「あなたの感覚は幸せじゃない、不幸になるだけ」と必死で直させようとするとか。
他人からは「親の反対の気持ち分かるわぁ」でも、子供にとっては毒親になるの。

220 :204 : 2012/12/04(火) 12:31:03.32 ID:QLooCAjn
>>219
ありがとうございます。
一般的に親として未熟な人間を毒親と表現するのかと思っていました。
世間から見れば優しく子供思いな理想の親でも、子供を束縛し自由を奪うのなら毒親であり
世間ではネグレクト寸前の最悪の親でも、子供に自由を与えその成長を阻害しないのであれば、毒親というカテゴリではなく、あくまでも普通だが欠点の多い親という分類になるのですね。
そこの切り分けが上手く考えられずもやもやとしていました。ありがとうございます。

226 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 19:34:07.36 ID:hvik3yMo
毒親かシロクロつけたいなら
あなたの中の不満を全部ぶつけちゃいな
キーってなるか、泣き喚くか、殴られるか
まぁ、その場は修羅場になるだろうけど
あなたのことを本当に思ってる普通親なら
自分の中の整理がついたら、また歩みよってくるはず
拒絶または非難が続くなら立派な毒親だからキッパリと見切りつければいいよ
多分あなたはやさしいからやらないだけど

228 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 20:17:24.68 ID:QLooCAjn
>>226
できませんね…
母は毒親ではなく、可哀想で不器用な人間なのだと思います。
親として未熟だとは思いますが、親も人の子です。私が親という存在を神聖視しすぎていただけなのかもしれません。

母は趣味もなく友人もほとんどおらず、父とも不仲で、仕事も辞めたがっています。
兄は数年前からお嫁さんとお嫁さんの実家近くに暮らしほとんど婿状態で、孫である兄の子にもあまり愛着はないようです。
叔父である最愛の弟を亡くしてから気にかけていた従兄弟にも、実家である祖母の元には帰らないと言われ、それから気にかけていたはずの従兄弟と義理妹である叔母をいびるようになりました。
彼女が自分を保っているのは、祖母の子であることと、子の母であることだけのような気がします。
私が母を否定し、寿命で祖母を失えば、プライドの高い母はアイデンティティを失ってしまい、自殺してしまうのではないかと思います。
そんな母の人生を振り返ると気の毒でなりません。
それならせめて、母であることだけは否定せず、結果はどうあれ育ててくれたことに感謝をしたいです。

229 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 20:26:31.92 ID:o8eY/8bT
> 祖母の子であることと、子の母

へー。
それじゃあ、お母さんは「これが私だ」って自覚しながら自分を生きたことが
一秒もないんだね。そりゃお気の毒だ。

祖母に褒められる私、でもない。誰かの役に立つことでの母、でもない、
心が沸き立つような感激とともに、生きてることを堪能する機会が訪れるといいね。

母親自身が「そんな“私”なんて今さら取り戻したくない」と拒むのなら仕方ないけど。
哀しい糸吊り人形で死んでいきたいのなら、そうやって母親を見送るしか出来ない。

230 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 21:10:37.31 ID:hvik3yMo
ただのマザコンかも
母親から自立できてないよ
早くママンを卒業して彼女みつけなよ
あなたが思ってるだけであなたなしでもママンは逞しく生きていけるはず

231 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 21:33:03.60 ID:QLooCAjn
>>229
趣味も友人も仕事のやりがいもない母が、これから「自分」を得る為にはどうすればいいのでしょう。
買い物に行く際、父に運転させることは借りを作るからと不愉快なようで、父が自主的に「お願いだから一緒に行ってくれ」と頼まないと遠い店まで一人で黙って出かけます。
ペーパードライバーですが免許はあるので、講習を受けて自分で運転できるようになればと勧めたのですが、もう自分には無理だと諦めているようです。

>>230
来年には結婚し、彼の実家近くで暮らす予定です。
仕事も望んだ部署に異動となりこれまでにない充足感を得ることができましたが、
その一方で、人をいびり愚痴をこぼしテレビの前から離れずつまらなさそうに人生を過ごす母が気の毒になっていきました。
母から離れることができるという反面、こんな母から逃げるような形で本当にいいのか、とも思います。

232 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 22:04:38.07 ID:nmX7TAnn
>>230と同意。
マザコンだと思う。
母親は嫌々ながらも仕事もしてるし買物も遠くまで1人で行くんだから、たぶん自立して生きてると思うわ。
崇高なことだけが趣味とは限らない。
人をいびりテレビをみて1人で買い物に行くのが趣味かもしれない。
友人と過ごすより1人で過ごす方が好きかもしれない。
仕事のやりがいなんて、若い頃はやりがいを求めて仕事するけど、壮年の人たちはたいてい惰性と不満の中で生活するためにただ働く人がほとんどじゃないの?
母親を心配する口調で実は母親のことが大嫌いなんだろうけど、あまりに母親に対して見下しすぎなんじゃないかと思うわ。

233 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 22:15:51.54 ID:fdfUG4Hl
>母が、これから「自分」を得る為にはどうすればいいのでしょう。
そんなもん母自身が見つけるものでしょうが。
なぜ子供であるあなたがそこまで考える必要があるの?

我が子が自立する事により、親も自分自身を見つめ直す機会を得る事ができる。
とりあえずあなたは新たに築く家庭の幸せを考えればいい。

234 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 22:24:08.56 ID:o8eY/8bT
マザコンっていうか、拘りを母親に残してるんだね。
あなたは、そうやって母親の内心をあれこれ想像して心配してるけど、
その逆はまったく無いようだね?

そう出来ないのは、母親個人の問題じゃなくて、母親を取り巻く環境に問題が
あったからで、だから母が私に興味を持てないのも仕方がないこと。
母親の育ちを気の毒がることで、自分の構築した「母親が私を愛さない理由」に
当てはめちゃってるんだよ。

もうその『母親への思いやり』は手放しなされ。
母親があなたを「この子の幸せ、そして望みは何だろうか?」と真剣に考え込むことは
今後もないから。だって母親の生きる世界に、娘は生きていないんだから。

235 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 23:23:47.80 ID:vnzd2pai
予測だけど、母親も若いころは自分、あるいは自分の居場所というものを
なにかしらの形で確立したかったかもしれないよ。

でも残念なことにうまくできなかった。やろうとしても潰された。
そういうのが積み重なっていき、
今あなたが「もっと世の中を見てよ!世界はいろいろあるんだよ!」と息巻いた所で
「何を今更」という気持ちしかないと思う。
だってそうなりたかったのは、自分の居場所を作ろうと頑張っていたその時だから。

自分を得る方法として「こういう手段があるよ」と
情報として話すくらいはいいと思うけど、あとは自ら動くまでほっとけばいいと思う。

236 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/04(火) 23:41:02.26 ID:1rFpWL82
子供を育てるということは、
自己実現の対極だからねえ。
子供は親に自己犠牲を要求するものだから。

お母さんはこれまで、己を捨ててこなくてはならないことがたくさんあったのかもね。

238 :204 : 2012/12/05(水) 08:22:09.36 ID:H4Msu79l
皆さん、ありがとうございます。
マザコンという言葉にはっとしました。確かに私は、否定することに固執する方のマザコンなのかもしれません。
精神的には自立しているつもりでしたが、これでは毒親に育てられた子供と変わりありませんね。

母に育ててもらった恩を忘れ、こんな母をどうしようもない人間だからと見捨ててしまってもいいのか?という引っかかりがありました。
ですが一度離れた方が、母が自己を確立する為にも、私が本当の意味で親離れをする為にも良いかもしれません。
結婚までは下手に説得や話し合いで母を変えようとするのではなく、あまり深く関わらずに距離を置きたいと思います。
ありがとうございました。

239 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 10:23:18.61 ID:RvrG1wad
母親と比べて今の自分のほうが上だと思いたいんだろうけど
母が自己を確立する為とか、母を見捨てるとか、そういう上から目線が違うんだと思うんだよね。
子供産んで子育て中(反抗期とか)に色々問題が起こっても愛情たっぷり育てることができて、母親の年齢まで仕事して配偶者と末永く仲良くやれるだろうか。
誰もが、あなたの母親も最初はそういうつもりで結婚してあなたを産んだだろう。
あなたが立派な母親になり子供を育てて自立させ、あなた自身も立派で有意義な人生を歩めて初めて、母親の人生を否定できるんじゃないかと思う。
不完全な母親を哀れむほどの人生をあなたはまだ歩んでないはずだと思う。

240 :204 : 2012/12/05(水) 13:23:55.47 ID:H4Msu79l
>>239
私の考え方はおかしいのですね。どう母親をとらえるのが正解なのでしょうか?
皆さんがこのような不完全な母親のもとで育った場合、自分が結婚して子供を生み自立させるまでは、どんな風に考えるのが一般的なのですか?

241 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 13:30:06.68 ID:/U6jJ05r
どうもこうも正解はないよ。
意固地に「こんな母親になけはならない」って思い続けるのは
後々自分を不幸にするし(育児なんて教科書通りにはいかないからね)
母親のことはひとまず「しょうもねぇな」とだけに留めておいて
自分の人生を楽しむほうがお得だと思うよ。

242 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 13:31:12.80 ID:L1ORXeZI
……遺伝なんじゃね?

243 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 13:52:09.52 ID:lC5C9uD3
完全な母親などいない。
母親だけじゃない、父親だって娘だって息子だって、完全な人間なんていない。
出来る事もあれば、出来ないこともある。
やりたくてやる不必要なこともあれば、どうしても嫌で出来ない必要なこともある。
人間って、人生って、そんなものじゃない?
だから、人は成長して行く過程で沢山の人に会い、関わって、良い所嫌な所悩みながら
継ぎ接ぎ、混ぜ合わせて自分なりの価値観、哲学を作って行くのだと思うの。
その作業は死ぬまで続く。誰もが不完全なもの。
子どもは、親って完全なものだと無条件に信じているよね。でも、本当は違う。
嘘をついているわけでもなんでもなくて、裏切っているわけでもないんだよ。
子どもと大人では、出来る事に差が有り過ぎて、出来ないことが判別しにくくて、
そう見えてしまうから。無意識にそれが刻み込まれちゃうんだろうね。
大人になってくると、その差が狭まってきて、あれ?そんなに親って凄くなくね?っていう感じになってくる。
そこで、親子共々、お互いを普通の不完全を認め、独立した存在として尊重出来るようになれば、
親離れ子離れが出来たっていう事になるんだと思うよ。
面倒な説明をしたけど、なんとなく、皆がやってること。

249 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 19:50:52.74 ID:Ve3EpSSn
>>243
普通は思春期過ぎて
世間広くなれば親も完全じゃないよかと気づいてがっかりするもんだよ
でも社会出たり、家庭を持つようになって背負うものが大きくなってくると
親も苦労しながら育ててくれたんだなぁと感謝するようになる
結婚する年になってまで母親を上から目線でしか見れず、ここまで拘るのになんて乳離れしてない

244 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 13:54:47.82 ID:cak9Z1Zc
他人と過去は変えられないよ。
額面通り受け取って何か問題あるの?
一般的なものなんてないよ。
全部おまえの人生だろうが。

245 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 14:10:40.60 ID:lQp/kLI2
204の母親が自分の親より、204が親の方が嫌。
204が思う完璧さを求められ理詰めで懇々と説教され息が詰まりそう。怖い。
親をどうとらえるのか延々と考えるより、そういう自分の性格を客観視するべき。

246 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 15:02:48.53 ID:AEMAJxjn
残念だけど、母親の世界には「204って人格」は存在してないよ。
母親が意識しているのは、己の母親からの評価と、可愛がっていた子供への執着。
脳内劇場に、204が登場することは今後もないよ。

204は「娘」として姿かたちは認識してるけど、あなたの内面には興味はない。
何で笑ってるのか、何で悲しそうなのか、母親に寄り添ってもらえた実感はある?

母は自分の世界で、関心のある人ばかりを追っかけて生きていく。それが母の生きる意味。
204は、母親が「人間らしく」なったらば、自動的に204にも「普通の母親っぽく変化して」
情愛を振り向けてもらえるのでは?と切望してるのかな。ないよw

あるとしたら、祖母が母親の努力に気付いて振り向いて、感謝と慰労の言葉をかけて
心から母を抱擁して、母の「私に気付いて」って執着を溶かしたら。

母親が祖母に受け止めてもらったら、母親もまた、ずっと見捨ててきたあなたのことを
ふと思い出すかもしれない。けど、祖母が母を見捨てているのなら、ずっとそのまま。
そうやって「母親が振り向いてくれるまで諦め切れない」って連鎖がまた引き継がれる。

250 :204 : 2012/12/05(水) 21:00:36.95 ID:H4Msu79l
ありがとうございます。色々ご意見をいただくことで、少しずつ悩んでいたことが見え始めている気がします。

私が幼い頃親に完璧を求めていたことは、今では自覚しているつもりです。
ただそれを自覚してからも、母には親として至らぬ面が多すぎると思っています。
もちろん、自分を育ててくれたことに感謝はしています。
自分が完璧な親になれるとは思っていません。そして、母が母であること全てを否定しているわけでもありません。
母の悪い部分を自分がしてしまうこともあり得ると思いますし、また母の良い部分は見習いたいとも思います。
しかし母を個の存在として認めているからこそ、育ててもらった恩を感じつつも、客観的に見て批判されるべき部分が見えてくるのです。

ご意見をいただき、未熟な部分については母も人の子で、しょうがないなと感じれば良いと思いました。
しかし一方で、そもそもそういった「親を子が客観的に評価する」こと自体、育てられた子自身が持つべきではない傲慢な考え方なのかと感じました。
恩を感じながらも親の悪い部分を悪いと認識する子は、本心では感謝をしていない薄情者なのでしょうか。

251 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 21:15:17.25 ID:AEMAJxjn
> 本心では感謝をしていない薄情者

…あなたの母親が、あなたの母親評を知ったとして、果たして
「この薄情者!そんなの娘じゃない!」って激しく怒ると思うの?
いまさら。

娘の目線を気に掛ける様な母であれば、今までだって何かしら
母娘の感情がぶつかり合うというか、トラブルがあってしかるべきでしょうに。

252 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 21:41:03.00 ID:lC5C9uD3
大仰にめんどくさく考え過ぎ。
あいつ(親)のああ言うとこダメだなー、本当嫌だよ。って思っててオッケーなのよ。
ただ、それを相手に伝えるべきか、どう伝えるべきか、そういうのはまた別の話。
それで相手が変わるかも更に別の話。
お母さんはお母さんなんだから、もうほっときなさいというか、解放してやりなよ。
それで、彼女が助けを求めてきたら、そこであなたが何が出来るのか考えればいい。

ふと、父親の方がモラハラだったんじゃないかと思ったよ。
あなたが母親にしようとしてる事、それこそ毒親のやることだもの。

253 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 21:45:21.15 ID:RvrG1wad
客観的に分析することは別にかまわないと思う。
悪い部分が似ても困るしね。(困るのはあなたの夫や子供ね)
ただ、それを評価するのは傲りだと思う。
批判とか否定とか、そういうことを考えているあなたを鏡でみたら母親と同じ顔をしてるんじゃないですか?
自分が夫と子供と幸せになるのに、負の感情はいりませんよ。

大人(親)の悪い面を嫌悪し否定する感情は、普通は反抗期(中学~学生時代)にピークになり社会の広い世界を知ることで悟って許容できるようになる。
もしかしたら、あなたにはまともな反抗期がなく、いまようやく遅い反抗期を迎えた所かなと思う。
親に自分の気持ちをぶつけることなく大人になって、結婚にあたって妻になること親になることを何となく自覚し始めて、それで親への嫌悪感がピークに達したのかもしれない。
反抗期に母親否定と肯定の過程を通ることができなかったあなたのアイデンティティはまだ確立されてなく、それが不安の要因だと思う。
母への負の感情から卒業して、結婚相手との新しい家庭の中で自己を確立していってください。

255 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 22:02:53.27 ID:YRFVIekW
あんまよく読んでないけど、うちの親のここってヘン!と思ってたところは反面教師にすればいんでないの
自分が親になる時、誰でも思うんじゃないかな
「私は親にこうされて嫌だったから子供にはしないぞー」とかって

まぁ実際それで子供に一切嫌な思いさせずに育てられるかはわからんけど

256 :204 : 2012/12/05(水) 22:38:43.65 ID:H4Msu79l
ありがとうございます。
分析はしてもいいが評価は傲り、ですか。
自分としては、レストランなどで子の目の前で堂々と喫煙をするような親を見て「悪い親だな」と思うのと同じように、
母の悪い部分を見て、自分の親だから否定・肯定という要素を抜きにした上で「悪い親だな」と思っていました。
他人の親と自分の親は、やはり評価対象としては全く別の考え方をすべきものなのですね。
それとも自分が親という存在を経験していない以上は、他人であろうと肉親であろうと、親という存在を評価すること自体が傲りなのでしょうか?

257 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 23:03:31.23 ID:AEMAJxjn
> 何で笑ってるのか、何で悲しそうなのか、母親に寄り添ってもらえた実感はある?
> 娘の目線を気に掛ける様な母であれば、今までだって何かしら
> 母娘の感情がぶつかり合うというか、トラブルがあってしかるべきでしょうに。

母との関係性に突っ込んでみたけど、スルーされちゃったわw
気付きたくないのかな…

259 :204 : 2012/12/05(水) 23:44:39.79 ID:H4Msu79l
>>257
申し訳ありません。
母と私の深層心理のようなものを分析いただいていると思うのですが、方向性が一人異なっていましたので
まさに私の悪い部分を鋭く指摘していると感じた皆さんの意見への回答を優先してしまいました。
ですが深層心理なら現段階の私では理解できないものでしょうし、いずれわかる時が来るかもしれませんので
しっかりと心に残しておきたいと思います。
ありがとうございます。

258 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 23:17:58.70 ID:cak9Z1Zc
評価するのは構わんが、過去と他人は変えられないよ。
変えられるのは今後の自分のみ。

260 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/05(水) 23:53:27.69 ID:cak9Z1Zc
逆に考えるんだ。
今でもろくすっぽ分別がついてない母親の若い頃に分別を求めること自体馬鹿馬鹿しいとおもわない?
そこを諦めるのは悲しいことでもあるけれど、若かりし日のお母さんを許せる気持ちに繋がらないかな。

261 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 00:27:54.78 ID:cYHD1zwo
母親に共感的に構われた記憶は一個もない、って指摘には否定してないんだね。

行き着くとこまで行かないと、こりゃ納得しないだろうな。
「だめだこりゃ」って母親を吹っ切れる場面が、あまり辛い状況じゃないことを願うよ。

262 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 10:35:13.25 ID:A0972FEY
もっとはっきり書いてあげなよ

あなたは母親に愛されなかった可哀想な子供なの
それを認めるのが辛くて、母親を否定し
母親と違う人生を一生懸命歩んで母親を見返したかったの
仕事がそこそこ上手く行って結婚が決まったから
「母親に対する勝利宣言」をしたくて、このタイミングでここにカキコしたのでしょう

でも、結婚後が女の人生の本番
今の折り合いの付け方だと、あなたが挫折した時に辛くなると思うわ

263 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 14:43:55.17 ID:89qwHHg3
アダルトチルドレン臭がぷんぷんするもんねぇ
一度母親キッパリ捨てなさいよ
わたしの友達にも50過ぎても母親にあんなことされた、あんなことされなかったと恨んでる人いるよ
嫌いならスッパリ縁切ればいいと思うのに縁きれないのね
成人過ぎたらどんな人生も自分の責任だと思うんだけどね
しかも、悪いけど話聞いてもけしていい母親ではなちがさほど酷い母親とも思えないんだなぁ、これが

264 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 14:47:50.78 ID:MD0uluX5
うん、それほどひどい母親ではないなーと思っちゃうね。
でも、愛されたと思えないなら辛いかもね。

でも、同じように育てられても
片方は親を恨んで、
片方はそうでもないというのはよくあるよ。
私の姉は、親はあれもしてくれなかったこれもしてくれなかったと
恨んでるようだけど、
私は、親も忙しかったのかと思ってそうでもないから。
親に対する期待度が姉は高いんだよね。

265 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 14:53:35.44 ID:46JDcA0C
母親は別に毒親じゃない感じ。普通のおばちゃんだし自立してる。
むしろ本人がこれから毒親になるタイプ。

267 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 16:25:10.56 ID:dN3fVq5D
20代後半くらいからか結婚妊娠出産で、親との関わりでトラブルがあった人は出やすくなる時期
なんじゃないかな?
とりあえず、現状でこれなんだから、結婚妊娠出産前にカウンセリングに掛かるのをすすめてみる。

270 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 17:31:28.83 ID:cYHD1zwo
愛玩子=母が溺愛した実弟とその息子
(実弟死去後、弟息子と疎遠になったことを恨んで義理妹をいびる、
 それで弟息子にも敬遠され、今は疎遠)

無関心子=相談者の兄(兄嫁実家とわりに親密)・相談者の兄妹

ってことで。

289 :204 : 2012/12/06(木) 21:44:08.82 ID:CzOkd0Ky
色々なご意見、ありがとうございました。
母は比較的まともであり、根本的におかしいのは私自身であることを今回の相談で初めて自覚しました。
育ててくれた母親を他人として評価する自分の考え方に違和感を感じることもありましたが、自分がカウンセリングが必要になるほど異常だとまでは思っていませんでした。
母は一人の人間として見たときには、確かに様々な要素からとても尊敬はできませんが
自分の母親として見ると、不器用ではありましたが時に叱り時に励まし、ごく普通の育て方をしてくれたと思います。
それなのにこんな人間になってしまった自分が恥ずかしいですし、両親に申し訳なく思います。

290 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 21:47:48.55 ID:6yt2mb3E
親子の相性ってあるよね。

293 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 22:02:46.33 ID:dN3fVq5D
いや、異常じゃなくても、違和感を感じた段階でカウンセリングとかを受けた方が効果が
あると思うんだ。
風邪と一緒。早ければ早いだけ、治りも早いから。

291 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 22:00:04.72 ID:8xpXVKaN
なんかもう、いろいろ極端に捉えすぎだわ。
不器用ながら普通の範疇で育てられたという自覚が
どうして恥ずかしいとか申し訳ない、になるのかわからん。

そうやって根詰めて、こうでなくてはいけない、
こうでないから異常だとか考えて、どこか救われた?
そういう理屈付けだけで世の中なんでも断罪できるわけじゃない。
それを傲慢だと指摘した人もいたと思うけど。
あなたに足りないように感じるのは寛容。
もうちょっと自分にも他人にも緩くあっていいと思うよ。

297 :204 : 2012/12/06(木) 23:14:42.07 ID:CzOkd0Ky
>>291
私に足りないのは寛容、ですか。
適度に諦めることを選びながら、柔軟にやってきたつもりですが
それも「諦めることのできる、柔軟さのある人間」という型に自分をはめて満足していたのかもしれせん。
寛容・柔軟とは程遠い位置で、柔軟なふりをしていたような気もします。

皆さんもありがとうございます。
今すぐカウンセリングが必要な重度の症状ではないようなので、自分の考え方にまず疑問を持って過ごしてみることから始めたいと思います。
こんな状態では皆さんのおっしゃる通り、私こそまともな親にはなれそうにないので、
ひとまず結婚を延期して、自分を見つめ直す期間を作りたいと思います。
本当にありがとうございました。

298 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 23:16:07.58 ID:cYHD1zwo
>>297
> ひとまず結婚を延期して、自分を見つめ直す期間

ええええー

299 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 23:20:08.70 ID:MD0uluX5
あなた極端な人だねえ。
あなたとお母さんは、単に今は合わないのだと思うよ
親子にだって相性はあるし
仲良しに見える親子でも、
時期によっては齟齬がありうまくいかない時期もある。
親も子も人間だから。

もう少し長い目で見るといいと思うなあ。
親子の縁は良くも悪くもそう簡単に切れるものじゃないので
ぼちぼちお互いが楽な距離でつきあったらいいよ。

300 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 23:21:53.53 ID:MD0uluX5
あなた言っちゃ悪いがアスペかい?wwww

結婚は延期せずそのまましなよ。

301 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/06(木) 23:29:25.30 ID:8xpXVKaN
何度も同じようなレスをもらっているのに、
自分のひっかかるポイントしか見られないのかなあ。

302 :204 : 2012/12/07(金) 00:01:00.65 ID:CzOkd0Ky
え、あれ?結婚延期はおかしいですか?
結婚をする前にこの考え方を何とかしないといずれ私こそが本当の毒親になると皆さんに指摘され、よくよく考えてみればその傾向があるかもしれないと自覚し
母を批判することで母に依存しているマザコンから脱却し、深層心理での精神的な自立を行ってからでないと
親になるのは良くないと感じましたので…
母に対する依存心を自覚できないからこそ、時間が必要だと感じました。

303 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 00:29:05.44 ID:0lm2HiiR
結婚相手の気持ちは無視?

304 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 00:44:27.78 ID:QdHh6vQI
>>303
こんな未成熟な私と人生を共に過ごさせるのは相手の方にとっても不幸な事だと思われるので云々…
になる予感
結局自分と母親の事で頭がいっぱいなんだよ
母親>>>自分>>>>>>結婚相手の気持ち

204はとにかく早くカウンセリング行け

305 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 00:57:25.66 ID:5toIIif4
完璧な人間でなければ、結婚すべきではない→完璧になるまで延期 ってことかなぁ。
結婚しちゃえばー?親になるのはそこから様子見で。
濃密に関わった人間が親しか居ないままだと、視点も変わらないし、無意識の役割もかわらない。
完璧でない今現在のあなたと一緒に生きていきたい、そういってくれてる人が居るなら
その人と一緒に、これまでと違う人間関係を生きて、いろいろ上書きしてけばええやん。

事例1:私の友人♀
実母との関係が最悪で「自分は人の親になる資格はない」と思いつめていたが
年長の旦那さんと結婚生活を送るうちに、気持ちが変わって妊娠・出産。
ひっちゃきになって子供を育てながら、親なりの苦労を思って気持ちが緩み、
「子供の頃にやってほしかったこと」を子供にしてあげて、それで子供が幸せそうなのを見て、
過去の自分が救われている、そんな気持ちになっているそうだ。

事例2:私の知人♂
父親との関係が最悪、その父親に「早く子供を持て」と言われたことへの反発と、
「あんな父親の子供である自分が、マトモな親になれるわけがない」という気持ちから、独身を選択。
子供を持ちにくい年齢になって、あとは老いていく自分しかいない索漠とした人生に愕然とし
「ざまぁみろ、お前(父親)のせいで、俺はこんな人生になった」と暗く笑っている、今。
人生のほぼ全てを、父親からの抑圧と、その意趣返しか自己破壊願望に捧げたようなもの。


完璧じゃなくても、旦那さんとor子供さんができればその子も一緒に、泣いて笑って、
親の自分も頑張ってるなぁとか、まだまだだなぁとか、そんなゆらぎながらで、ええやないですか
知人♂も、客観的に見れば全然問題ない人だったから、自分と父親を赦しちゃえば
暗く嗤う後半生になることもなかったと思う。

306 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 01:16:37.68 ID:yckuhdfT
シロクロつけたい性格みたいだからマリッジブルーってのでいいじゃん
結婚して毎日忙しくなれば拘りから抜け出せる気がする
誰もがモヤモヤ抱えながら折り合いつけて生きてるのよ

307 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 03:19:00.18 ID:FuEiuwTn
>>297
んー、今すぐカウンセリングが必要な重度の症状になったら、それはそれでカウンセリングや
治るのに必要な時間がもっと掛かるから、早めに掛かった方が楽になるよー、と言ったつもり
なんだけど…
自己判断で行動するよりも、専門家に一度相談した方が、早くいいアドバイスがもらえると
思うし、具体的な指針ももらえると思う。結婚相手がいるなら、尚更早くケリを付けた方が
良くない?

308 :204 : 2012/12/07(金) 19:06:42.45 ID:9Thslyhq
ありがとうございます。
滅多にない平日休みでしたので、かなり迷いましたが鉄は熱いうちにとカウンセリングにいってみました。
電話で予約したところ昼から来ていいとのことだったので、早速クリニックに向かい問診票のようなものを書いて初回受診を行いました。
結果としては、依存傾向もなくしっかり自立も自覚もできている、悩んでいることは誰しも不安になることで、気にしすぎなくていいとのことでした。
悩み過ぎると逆効果なのでもう来なくてもいいが、不安ならまた一ヶ月後に来てくださいと言われ、特に薬や本などはもらいませんでした。

彼は子供がとても大好きで、父親になることが夢だという人です。その夢が後悔にならないように、せめて自分の異常性を克服してから親になりたいと思った為、結婚の延期を考えました。
結婚だけ先にして、やっぱり私は毒親になるから子供は無理という話になれば、子供を強く望む彼に対する裏切りですし…

ここまで書いて思いましたが、彼の夢を一番良い形で叶えたいという思いが、親という存在への強いこだわりとなり、
母への反感や不安に繋がっていたのかもしれません。
もしかすると私に必要なのはカウンセリングではなく、彼との話し合いだったのでしょうか。

309 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 19:14:04.16 ID:rTC/7oIt
おー、すごい、行動派だね。
いろんな形でアプローチして行くと、ある日突然理由がわかることもある。
彼とも話し合うことで、なにか気が付くことがあるかもしれないし。
ただ、考え過ぎも良くないから、適当にね。
私は夢で思い出したことが引っ掛かったりした。

310 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/07(金) 19:17:39.07 ID:qS78+XIJ
気にしすぎなくていいと言ってもらえたんでしょう?
「やっぱり毒親になるから」と決めつけてるのは誰?

毒の連鎖が嫌なら自分で断ち切る努力をするしかないし、
何よりも子供は夫と二人で育てるんじゃないの?
母親が関わる時間の方がどうしても多くなる時期はあるけれど
あなたと彼はあなたのご両親とは別の人格だよ。
完璧な人間なんていない、それは夫もきっと同じ。
至らないなりに二人でなら頑張れる、頑張りたいという望みは持てない?

私は誰かのために産むという考えには一部賛同しかねるんだけど
夫との間の子だから頑張れるものというのは経験的に知った。
そして欲しいと思った時に必ず生まれてくれる保証もどこにもないよ。
あなたの決断は本当に彼のため?

317 :204 : 2012/12/08(土) 08:06:01.55 ID:Zy7kDDR4
ありがとうございます。
母は毒親というほどではありませんので、私が子を作らないことで毒の連鎖を断ち切る、といった変な責任感は全く感じていません。
完璧は望んでいないので、人並みの考えができるようになれば、結婚も出産もしたいと思います。
カウンセリングには行きましたが、私は異常ではないと判断されました。
しかし皆さんから見ると私は異常以外の何物でもないようなので、どちらを信じればいいのかわからなくなってしまいました…
皆さん普通の方からすれば異常だが、クリニックからすれば通院が必要なほどではない、ということなのかもしれません。

>>312さんを見ると、やはり私の家庭はごく一般的なものなのだなあと思います。
愛されているからこそ、その愛に甘えて母を否定をしていた贅沢な人間なのですね。

318 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 08:26:14.07 ID:RT2Au9hF
まだいるのか

319 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 09:32:57.30 ID:XFQeWwlW
>>317
> その愛に甘えて母を否定をしていた贅沢な人間

そうやって、自分を「悪い子」って一生懸命虐めちゃって。そうやって生きてきたの。
気味の悪い子だから、母にもそれが伝わってしまって冷めた態度を取られてる。
私の感覚がおかしいから、普通の母なのに私が母親像を歪めてみているだけ。

本当は怒ってるくせにーw、何を良い子ぶっちゃってるんだか。

母親をそうやって庇うことに、あなた、もうウンザリなんじゃないの。
この恩知らず!って、母に対して正当に怒りなよ。

321 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 10:32:55.71 ID:EO7FCR3E
>>317
うぜえなあ。
だから、自分で折り合いつけるしかないつってんだろ。

322 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 11:21:03.92 ID:gq7xxMqS
「カウンセラーはこう言った」
「皆さんはああ言った」
「彼の為に結婚を延期」
「母の今後の人生の為に」
他人のせいにしてばかりだね
自分がやりたくてやるんだって自覚は無いのね

323 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 11:39:28.48 ID:Twl+pnu2
本人の思うのと違う部分で、将来の旦那や子は苦労しそう
しつこく細かく分析ネチネチ

専門家の言う
「気にしすぎなくていい」
「悩み過ぎると逆効果」
これだけを念仏のように唱えて実行しなよ

324 :204 : 2012/12/08(土) 12:48:47.55 ID:Zy7kDDR4
うーん、やはり今回のことにしても、別件(こだわりが強いこと)にしても、
将来妻になる、母になるには、私は欠点の多い人間のようですね。

いい加減迷惑なのはわかっていますが、最後にひとつだけ教えてください。
皆さんも自分に欠点があると感じることは当然あると思います。
他人の妻になることはもちろん、子供を育てることは重大な責任が生まれます。
当然ひとりで育てるわけではありませんが、二人で育てるにしても片方がフォローしきれないレベルでは、どうしようもありません。
そのことに対する折り合いはどのようにつけ、妻となること、母になることに対して自信を持ち、覚悟をされましたか?

325 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 12:58:17.22 ID:XFQeWwlW
いい加減気持ち悪いよ?

332 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 14:43:40.26 ID:EO7FCR3E
「そん時ゃそん時。」と腹を括る。
どんな細かい不安も夫に相談し、決して一人では抱え込まない。

あなたは自分の痛みには敏感なくせに、他人の痛みには鈍感だね。

335 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 19:56:31.11 ID:UXqQenFM
人間関係って、魅力よりも相性だろうから、たまたまソリの合わない親の元に生まれて
愛されてる実感を持てなかった→自分は何か足りない?間違っている?→直さなきゃ と
真面目に考えてる人を、叩く気にはならんなぁ。
「何かがしっくりこない、不安だ」と感じたら、家でも車でも総点検するわけで
件の人は今、結婚を前にして総点検作業の真っ最中なんだと思う。
「決意」と身構えずに妻になれる人は、あまり自分を疑わずにこられた人で
それはそれで、いいことだと思う。だけど、諸事情から、そう出来ない人も居る。
相手の男性の愛情とか素行に心配がなく、一緒に居て苦痛ではないなら、
まず「ふたりで生きていく」ことから始めてみても、いいんじゃないかい。

338 :204 : 2012/12/08(土) 21:51:14.84 ID:Zy7kDDR4
ありがとうございます。
子を産む、つまり命を育てることは覚悟がないとできないことだと思っていました。
愛されてることを実感できている人は、命を育てることに覚悟や決意なんて必要ないのですね。
妻になることも、相手の人生の大半を自分と過ごすことになる以上、後悔しない人生にしてあげたいと強く責任を感じていました。

簡単に結婚して簡単に別れてという人を無責任だと思っていましたが、逆に私は結婚や出産を極端に重くとらえすぎていたのかな、と思いました。
子供なんて勝手に育つものですし、夫になる人だって、自分の人生なのだから好きに生きますよね。

皆さん、長く居座ってしまい、本当に申し訳ありませんでした。
ただこんな迷惑な人間に根気強く回答していただいたおかげで、カウンセリングでもわからなかったことが、やっと少しだけわかってきたような気がします。
振り返ってみれば最初から言われてることは同じなのに、石頭が理解するのにこれだけスレを消費してしまい、本当にご迷惑をおかけしました。
優しい言葉も厳しいご意見も、とても為になるものでした。皆さん本当にありがとうございました。
締めさせていただきます。

339 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 22:00:40.02 ID:XFQeWwlW
> 子供なんて勝手に育つものですし、
> 夫になる人だって、自分の人生なのだから好きに生きますよね。

うん…。できるならあまり辛いことに直面しないように、幸せ祈っとくよ。

336 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/08(土) 20:46:20.24 ID:iLTkb3F0
>>316
あなたが何を一番悩んでるのかな?
母に愛されていないこと?
母にすてられたこと?
母に自分のことを理解してもらいたいことって書いてあるけど
自分がとれだけ母親を愛してるかを理解して欲しいってことなのかな?
母親の本心はわからないけど本当に愛されてないのなら、かわいそうな母親なんだよ
自分の子が愛せないんだもの
もうあなたが大人になってそういう母だということを受け入れるしかないんじゃないの
>>316こそカウンセラリング受けた方がいいかもしれない
病んでるとかじゃなくて
多感な時期にこのまま母親のことを引きずるのは気の毒すぎるわ
あなたは頑張り屋さんで優しい子なんだからもっと自分に自信を持って生きて欲しいわ
わたしにできることは何もないけど

352 :おさかなくわえた名無しさん : 2012/12/09(日) 12:39:15.00 ID:Rcu3gqSl
>>336
母に愛されていないこと?
母にすてられたこと?

たぶん両方だと思います。

母に自分のことを理解してもらいたいことって書いてあるけど
自分がとれだけ母親を愛してるかを理解して欲しいってことなのかな?

そうだと思います。

母親の本心はわからないけど本当に愛されてないのなら、かわいそうな母親なんだよ
自分の子が愛せないんだもの

インターネットで色々な話を見ましたが母親が引き取るとか、結婚しないまま
おなかに命が宿ったから出産する人、嫌いになって離婚した血を引いた旦那の子を育てるって話を色々聞いて
なんでこんな事が出来るのか疑問でしたがこちらが普通なんですね。


もうあなたが大人になってそういう母だということを受け入れるしかないんじゃないの

受け入れたくとも私からどんどん離れていきます。
父にも寮制の高校勧められるし本当は父も一緒にいるの嫌なんじゃないかとも思っています。




1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2013/01/27 14:00
人気サイトの新着記事
関連記事
[ 2013/01/27 14:00 ] 親・兄弟姉妹 | コメント(4)
コメント
※10876. 人生名無しさん : 2013/01/27 22:39
他人に流されすぎだわ
自分の意思とか希望はないの?現時点で資格がないからやらないってんじゃ、いつまで経っても先に進めんよ
※10879. 名無し : 2013/01/27 23:43
なんだかうざったい文を書く人ですね。
※10882. 人生名無しさん : 2013/01/28 00:15
この思考が狂ってないって…精神科医っていい商売だね
※11669. 人生名無しさん : 2013/02/09 12:26
なんかこわいな

毒親になるのはこいつのほうだろ

246も一人おかしなレスしつこくてキモチ悪りい





管理者にだけ表示を許可する