Aさんに仕事を頼むと何かと「そんな事聞いてない、聞いてたのと違う」という言った言わないの議論になる : 人生相談とか日常とか

Aさんに仕事を頼むと何かと「そんな事聞いてない、聞いてたのと違う」という言った言わないの議論になる

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1389283918/
295 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 16:59:21.99 ID:2oVR7LUm
すみません仕事の話ですが、こちらでもいいですか?
職場のAさんに仕事を頼むと何かと「そんな事聞いてない。聞いてたのと違う」という
いわゆる言った言わないの議論になってしまいます。
毎度ですが、よく考えると自分とだけです。他の人とはなりません。
対応策として書面に残して印をもらう事にしましたが、
それでも(印は確かにあっても)言った言わないの水掛論になります。
書いてあります、印ももらってますと言ってもこちらの責任になります

正直意味がわかりません。が、別段周りも責めないので
私個人がやたらと職場から嫌われてるんだろうなと言う結論になりました。
でも仕事やめられないし、仕事でミスするわけにもいきません。
Aさんにしか頼めない仕事も沢山あります。
とりあえずどういう方向でいけばいいでしょうか…

スポンサードリンク
296 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:02:27.60 ID:AO9vfyBc
>>295
さらにICレコーダにきっちり記録残して
一度上司上席に相談なされてはどうでしょう

297 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:12:03.08 ID:2oVR7LUm
>>296
上司には相談しましたが、そういう所のある人だけど仕事だからうまい事やってと言われてます
何度も同じ事を言っているので逆にこちらが人と
コミュニケーションがうまくとれない奴と思われてます
むしろ書面というやり方が機械的でむこうを苛立たせている、
まずは会話からとか本末転倒な感じの事も言われてます(笑)
もう諦めて違っていても謝って、それで取引先に迷惑かけて謝ってっていうのを
続けるしかないんでしょうか
やめられないんで

298 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:27:50.84 ID:vTMVpQwU
>>297
まずICレコーダーを使用することを認めさせよう
認めなさそうなら勝手に取っていてもいいけど

で一回だけでもいいから問題が起きたとき
その人が言ってても言わないの状態になったときとかの嘘の証拠を作ってしまう

問題が起きないのならばいいけど起きた以上をはその対策を取るのは当たり前で
面倒でもこの作業をやって相手がおかしい事を第三者にもわかる形で
はっきりさせないといけない
わたしなら相手がぐうの音も出ないくらい徹底的にやるね
絶対仕事では許されないことだから

仕事辞められないのならばそれくらいの事はやろう

299 :296 : 2014/01/23(木) 17:30:24.75 ID:j3C/XDFK
>>297
>取引先に迷惑かけて謝ってっていうのを続けるしかないんでしょうか
これはね2chなんかで聞くことではありませんよ。あなたの職場での責任者が判断することです。
たしかに逃げ場のない書面残してやれば責任は回避できるでしょう。
でもあいてが反発して回らないのも上司の言うとおりの事実です。
まずは仕事依頼したらこまめに進捗状況を確認してみてはいかがでしょう
ただ経緯記録をきっちり残し会社に損害出して時点でさらに上席の判断仰ぐ必要はあるでしょうね

300 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:32:59.68 ID:eUPZh6W6
>よく考えると自分とだけです。他の人とはなりません。
他の人に原因を聞いたらどうか(Aさんが愚痴ってる可能性大)
岡目八目、なぜ会話が成立しないか皆判ってると思う
性別も不明だが、取るに足らないことでしこりがあるかも知れぬ

301 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:35:22.68 ID:Jmx+uldw
>>297
もし本当にあなただけにその態度ならあなたが社会人として
礼儀のない態度をとっていた可能性はあります
内部だけの事ならともかく外部が関わるなら会社としてあなたの配置は変更されるでしょう
それが降格のような処分だとしてもあなたの精神は安らぐなら良いのでは?
やめられないという前提があるならこんなものでしょう
今のあなたの位置では反論しようと騒ぎたてようと諦念で謝罪しまくって消沈してても同じです
それくらいの価値しかあなたにないのでしょうから

302 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:42:44.47 ID:vTMVpQwU
確かに自分一人だけならば態度が悪いとか気に入らないとか嫌がらせの意味で
やってる可能性がある
もしそうなら反省するべき点もある

でも上司もそういうところがあると認めているのが大きく
いくら嫌がらせでも得意先に迷惑をかけるようなやり方は断じて許される訳がない

どんな理由をつけてもここに書かれた事が事実なら
この場合は確実に相手が悪いので徹底的に二度とやらせないようにしないといけないね
そうしないと自分が辞める事になるだけだからね

303 :マジレスさん : 2014/01/23(木) 17:55:01.86 ID:2oVR7LUm
295です
皆さんレスありがとうございます
やはり文面だけだと弱いですか。レコーダー考えてみます
しかし耳の痛いレスもいくつかいただきました。
あんまりにも誰もフォローに入ってくれないので
私的にはこの件で周りに意見も聞けてないのが現状です
自分の悪い部分も探ってみなければいけませんね
ありがとうございました




1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2014/01/29 08:00
人気サイトの新着記事
[ 2014/01/29 08:00 ] 仕事 | コメント(11)
コメント
※28426. 人生名無しさん : 2014/01/29 10:34
相手を論破する訓練をしろ
上司だろうと同僚だろうと正論で言い負かせないと
いつまでも不幸なままだわ
※28440. 人生名無しさん : 2014/01/29 13:53
※28426.
2chのやり過ぎ。
論破なんて言って通用するのは2chや、せいぜい学者の世界くらいなものだよ。
おとなの現実社会では論破ではなく話し合いまたは説得が重要で、後者でさえ
言い負かすのではなく、相手のプライドや気持ちを気遣いつつおこなうものだ。
論破なんてすれば勝った側は気持ち良いかもしれないが、言い負かされた側は
ほぼ確実に良い感情を持たず、後にしこりを残す。
すなわち、対人スキル低過ぎるお子様と周囲は看做すよ。
※28455. 人生名無しさん : 2014/01/29 18:19
まず2chで相談する前に周囲の人間に相談出来してないor出来ない時点で割とお察しのような気がする
※28462. 人生名無しさん : 2014/01/29 19:30
メールでいいだろ
というか、書面で残っているのに否定するのは相手が異常
その上司も役に立たないから更に上に言え
※28475. 人生名無しさん : 2014/01/30 07:13
相手が異常なのは同意するが、だからこそ論破は無理でムダ
※28440のとおり、そういうやつと割り切って対応するべき。
どうせ専門職系の変人だろ?よくいるよそういう人
※28476. 名無しさん@ニュース2ch : 2014/01/30 07:24
上司がダメなら上司の上司または社長に直談判しろ
当然ICレコーダーで録音してからな
書面と録音両方があった方が説明しやすいし
相手の言い方とかばかにしてる言葉とかもよく分かるから
※28481. 名無しさん : 2014/01/30 09:06
学校でも会社でも集団の中ではそういう厄介な人間も現れる。
で、対処法は無視するか倒す、この二択。
よく自己分析してそれでも相手の行動を甘受するだけの非が自分に無いなら
まずは業務からその相手を排除できるか検討する。
それが困難な場合、業務的な対立のうち相手の責任部分を強調して追求し
状況的に相手側が故意のミスを出来ない状況に追い込んで最低限の業務上協力を行う。
それでも相手側が許容される環境なら、その仕事場は危険だわ。
※28503. 人生名無しさん : 2014/01/30 15:15
報告者、自分かと思ったわ。そうかー、要らん子って思われてる可能性もあるかー。とにかく証拠集めて、上司がアテにならないなら更に上や直に人事に報告する。企業としてヤバイと思ったら、人事は対応してくれるよ。ブラックでなければだけど・・・しかし、アレな人ってどこにでもいるのね。
※28504. 名無しさん : 2014/01/30 15:18
相手を説得しようという気持ちを捨てる。
ちゃんと書面にしてあるなら、「そういうことですので。」って
一言で終わらせて自分の仕事に戻る。
※29854. 人生名無しさん : 2014/03/15 17:10
契約書がなんであるのかを否定するような人間商売に向いてないわ。
※30420. 人生名無しさん : 2014/04/20 22:42
うちの会社でも言った言わないの話はよくあるけど、説明に時間かけて図入りとかでやってくれる人に限ってそういうことが多い
自分では言ったつもりになってるんだろうなと思いつつボイレコで毎日記録してる
まぁ辞めるときに会社理由に持ってくための証拠集めと思えば大して苦にならなくなったよ





管理者にだけ表示を許可する