子どもを産んでからちょっとした場面で頻繁に自分の亡き母のことを思い出す : 人生相談とか日常とか

子どもを産んでからちょっとした場面で頻繁に自分の亡き母のことを思い出す

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1390088930/
379 :マジレスさん : 2014/01/26(日) 00:30:19.84 ID:uCtQlGwr
誰にも言えなくてここに書き込みます。
もしよろしければ相談に乗ってもらえたらと思います。

30代 既婚の女です。
子どもを産んでから、生活のちょっとした場面で
頻繁に自分の母(亡くなっています)のことを思い出し、
自分は本当に愛されていたのかと答えが出ないことを自問自答してしまうのが
癖になっていて辛いです。
どうしたらこのような癖がなくなるか、気にしなくなるかのアドバイスが頂けるとありがたいです。

スポンサードリンク
380 :マジレスさん : 2014/01/26(日) 00:36:00.89 ID:ELBCc94E
>>379
母親から愛されていたら、何なの?
愛されていなかったら、何なの?
意味ないね。

過去の事を考えても時間の無駄。
今後、よりよい人生を生きる為にどうしたら良いか考える事に時間を使うべき。

未来はたった今、現在作られつつある。
それなのに、変えようのない過去をぐじぐじ思う為にあなたは使っている。
利口な人間のする事ではない。
立派に子どもを育てる為に、時間を使え。
ネガティブ思考の母親は子供に悪影響を及ぼす。

382 :マジレスさん : 2014/01/26(日) 00:54:08.96 ID:EoSLXguP
>>379
>自分は本当に愛されていたのか

この手の話に「本当に」と言う枕をつけてしまうと
解釈の余地が無限に広がってしまうのでちょっとどうしようもないですね。
さらに言うと、そうやって無限の広がりを持つ命題にしておきながら「愛されていたか/いないのか」という1か0かの答えに押し込めようとするのは
なおさら無理筋……というか、若干危険な考え方ではないでしょうか。


自らが母という立場になって、亡くなったお母さんを思い出すのはごく当たり前のことですし、
そこで「母親はどう思っていたのだろう」と、明確に答えを出しようのない自問自答をするのも
まあありがちというか、割と自然な流れでしょう。
なので、それ自体が問題、ということは無いと思います。

問題があるとすれば、上でも触れたように、母と子の間の、複雑で、そして時に微妙でさえある関係を「愛されていたか/いないのか」なんて単純な図式に落とし込もうとしているところですね。
これは見方を変えると、「思いだし方が中途半端だから妙な袋小路に嵌るのだ」とも言えます。

どのみち「ふと思い出してしまう」なんて心の働きを
意識でどうにかしようとするのは相当に難度の高いことですので、
だったらいっそとことんまで付き合ってみる、突っ込んでみる、というのも一つの手かと。



ついでに一つ。
「本当に」という厄介な枕を外した上で、子育ての大変さというものを鑑みた時、
「自分は愛されていたのか。どっちかと言えばどっち寄りだろう」という問いに対して、
答えを悩む必要は殆ど無いのではないかと思うのですか、いかがでしょうか。

386 :379 : 2014/01/26(日) 01:10:49.48 ID:uCtQlGwr
レスありがとうございます。
自分でもどうしようもないことなのに、と思いつつ考えていました。

子育ての大変さ、子どもを産んで初めて実感として
自分の中で理解できつつあります。
母も大変だったのだろうなと。でも育ててくれたのだと。

母は私が生まれてから、ずっと父に内緒で借金をしていました。
知人に見栄を張るだけのための借金です。
父が何年もかけて完済しました。
そして母の死後、また新たな借金をしていたことが発覚しました。(解決済ですが)

この借金問題が自分の中でまだ許せていないのかもしれません。
子どもがいたのになぜ?という気持ちが強いです。
そのことに回答いただいたことで気づけました。

回答頂いた方、ありがとうございました。
許せない気持ちはあるけど、子どものことを第一に考えていくように
よりよい人生を送れるように時間を使おうと思います。

389 :中古はUSED ◆SjqShkaeNQ : 2014/01/26(日) 01:28:14.59 ID:fcdfRpv5
>>379
こういうことも家族と話せるようになったほうがいいよ




1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2014/02/10 08:00
人気サイトの新着記事
関連記事
[ 2014/02/10 08:00 ] 親・兄弟姉妹 | コメント(4)
コメント
※28825. 人生名無しさん : 2014/02/10 22:59
報告者の気持ち分かるわ~
でもあの糞母でも私を育てる事が出来たんだから
わが子はもっと素敵な人間に育つと思うし、
大変な事があるたびにあの糞母が他界してて良かったと思える。
(特に流産したときはそう思った。もし生きてたら絶対無神経な事を言われてる)
でも同年代の他の人より体が丈夫な事だけは糞母に感謝してるよ。
体が丈夫なおかげで産後でも実母のサポートが無くても困らなかったから。
※28842. 名無しの壺さん : 2014/02/11 11:51
めんどくさそうな女・・・
※28859. 人生名無しさん : 2014/02/11 17:07
子供を産んだ途端に聖人にでもなると思ってるのかな。
思い込みが元々あるんじゃなかろうか。
※28877. 人生名無しさん : 2014/02/12 03:38
わかるなぁ。
家の亡き母はアルコール依存だった。
許した、忘れた、過去の事なのに
育児の端々に、強烈な怒りや無力感を思い出させてくれるよ。
報告者も、母親への消化しきれない気持ちがあるんだろうね。
そんな時私は、生きてたらどうだったか…を考えるようにしてるよ。
そうすると、今が本当に幸せだと感じられるし
子供たちに無害でいられる事に感謝できる。
大きな反面教師を持った事を意味ある物にできたら良いね。





管理者にだけ表示を許可する