助け合いについて考える : 人生相談とか日常とか

助け合いについて考える

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1387535062/
2 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:25:59 ID:Sv20MjSeW
マッチ売りの少女を読むといつも
なぜ誰も助けてあげないんだろうと思った
家々の窓には暖かな光
窓の中をのぞけばご馳走と団欒

スポンサードリンク
3 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:26:55 ID:Sv20MjSeW
それなのに雪の降る夜に小さな女の子がマッチを売っているのに
誰も買ってあげない

4 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:30:16 ID:Sv20MjSeW
力尽きて座り込んでしまっているのに
誰も声すらかけない
自分の家へ連れて行くとか
とりあえず医者に連れて行くとか
警察でもいい
教会だってある

5 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:31:05 ID:Sv20MjSeW
どう見ても死んでしまうのに

6 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:33:46 ID:Sv20MjSeW
お祖母さんが迎えに来て女の子は朝を待たずに死んでしまう
朝になって町の人々が見つけて
女の子は安らかな顔をして少し微笑んでいるようでした

いまさら遅い

7 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:36:41 ID:Sv20MjSeW
フランダースの犬のときもなぜみんな助けてあげないのかと思った
子供一人と大きいとはいえ犬一匹だけのことなのに
(原作ではネロは15才だけど日本で普通にフランダースの犬というとネロは小さな子供)

8 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:42:50 ID:Sv20MjSeW
アンデルセンは何を言いたかったんだろう
マッチを買ってあげて家に招きいれて
そしたら
お母さんは大騒ぎして濡れた服を乾かしたり熱いお湯を沸かして足を暖めてあげたりするだろうに
女の子はそこの家の子供たちといっしょにおなかいっぱいご馳走を食べるだろうに

9 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:44:08 ID:Sv20MjSeW
一人ぼっちで死んだりしなかった

10 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:50:16 ID:Sv20MjSeW
クリスマスキャロルでおえらい紳士方がスクルージのところへ貧しい人たちのための寄付を募りに
というか催促に来る
スクルージはそのために救貧院というものがあって自分はちゃんと税金を納めていると言って断る

ディケンズはこれが嫌いらしいけどスクルージは正しい
紳士方は寄付金集めをしてどこかへ寄付して満足して
どうせあとは何もしない
雪の降る夜に一人で困っている子供がいても馬車で通り過ぎて目にも入らないに決まってる
帰宅してぼんぼん暖炉に薪をくべてたらふくご馳走を食べて

11 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:54:22 ID:Sv20MjSeW
スクルージは何も悪いことをしていない
クリスマスのときだけ貧しい人のことを思い出すより
日ごろから自分も節約してきちんと税金を納めているほうがよっぽどいい
スクルージは別に悪徳高利貸しでもないし自分ひとり豪勢な生活をしているわけではない
家に帰れば昨日の残りのおかゆを温めて一人で食べるだけ

12 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:57:41 ID:Sv20MjSeW
もしスクルージがマッチ売りの少女に出会っていたら
マッチは買わなかっただろうと思うけれど
(割安なら買ったかもしれない)
少なくとも女の子を警察か牧師館に放り込んで帰ったのではないかと思う

13 :名無しさん : 2013/12/20(金)19:59:54 ID:Sv20MjSeW
もしかしたら翌朝クリスマスの朝に
ティム坊やの家にでも放り込みに行ったかもしれない

14 :名無しさん : 2013/12/20(金)20:01:34 ID:Sv20MjSeW
なぜ町の人々はマッチを買ってあげなかったんだろう

15 :名無しさん : 2014/03/08(土)18:19:20 ID:cNJ50RAxl
何という熱いスクルージ論
確かに言えていると思うな。

16 :sage : 2014/03/23(日)02:26:10 ID:tZ8fyh7T4
いやいや、スクルージは悪徳高利貸しだよ。
本にも、スクルージに金を借りるくらいなら地獄に落ちた方がマシだと
街で言われているって書いている。
当時の救貧院も教会が作った形ばかりのボロ屋がほとんどだったから、
寄付を募って歩いても不思議じゃない。
そもそも本の中でのクリスマスは、全ての人が平等に祝福される素晴らしい祝日で、
日本でいうと正月のような感じなのに、ご馳走も用意せずお金もあるのに
ケチって粥だけで過ごすスクルージが捻くれてる
きっとスクルージはマッチ売りの少女を見てもマッチを買うなんて事はない。
もちろんクリスマスの精の夢を見る前のスクルージ限定だけど。

17 :名無しさん : 2014/03/23(日)02:31:54 ID:tZ8fyh7T4
あと、寄付はクリスマスの時だけ限定じゃないよ。
文化的に金持ちが貧民にお金を落とすのは当たり前の世界で、
クリスマスは特に皆が平等に祝福される日だという認識だから、
たまたま募る謳い文句になってるだけ。

1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2014/04/06 12:00
人気サイトの新着記事
[ 2014/04/06 12:00 ] 人間関係 | コメント(21)
コメント
※30255. 人生名無しさん : 2014/04/06 14:52
その日はそうやって助けたとしても、明日は?その後は?
根本的な解決にはならないよね。
それではいつか野たれ死にする。
※30256. 人生名無しさん : 2014/04/06 14:54
なぜなんだろう…と考えさせるためにこういう話なんだ、とは思わないのかね
「みんな冷たい!」と憤るなら、自分は誰かに施す人生を送ればいいじゃないの
※30257. 人生名無しさん : 2014/04/06 14:59
時代がそうだったんだろう。
みんな自分が生きるのに必死で他に構う余裕がなかった。
窓から見える暖かい団らんも少女の目線だしな。

その日はとりあえず保護して,あとは行政に何とかしてもらう,
というのは福祉国家の現在だからこそいえる。
※30258. 人生名無しさん : 2014/04/06 15:36
この人の思い描いてる「ごちそう」はたぶんかなりぜいたくなものなんだろうなあ
豊かで金持ちな人々の中で、マッチ売りの少女だけが貧しいっつーイメージ?
実際には※30257で、『貧しい家庭の精一杯のごちそう』なんだろうに
もう一人居候させる余裕なんてないだろうし、
医者に連れてって支払どうすんのって話だし
※30260. 人生名無しさん : 2014/04/06 16:53 [ 編集 ]
当時のデンマーク(西欧諸国)の状態を知って言ってるんだろうか。
貧富の差が激しすぎて共産主義者になる人間が続出してた時代だぞ。
人権の保障など夢のまた夢で、その日暮らしの生活も珍しくなく、児童労働は当たり前、
一般市民がかつかつで生活してた上に、孤児や浮浪者だらけだった時代だってこと、
ちゃんとわかって言ってるんだろうか。
※30264. 人生名無しさん : 2014/04/06 18:07
厨二?
※30265. 人生名無しさん : 2014/04/06 18:23
※30255
私はその考え方きらいなんだ
もちろん根本的な解決は必要だ
だけど一時だけしか関わらない人間に個々の力でどうしろと?
それにその日だけでもなんとかなれば、明日は何かがあるかもしれないじゃないか
なんでそんな小さな希望まで否定するのか
※30266. 誰も俺を助けてはくれないから : 2014/04/06 21:27
俺は助けない。



しね。
※30268. 人生名無しさん : 2014/04/07 00:14
当時の救貧院は今の児童養護施設なんてもんじゃなくひどいぞ。死なないだけましなレベル。
それはそれとして、博愛のクリスマスの夜に金持ち連中が誰もマッチひと箱買ってやらなかったというのは確かに不実だな。教会に行けと言うのはわからんでもないが、教会だって余裕なかったぞ。そうじて近代初期なんて社会福祉はどこも貧弱だから浮浪者に行き倒れなんて日常茶飯事。
「フランダースの犬」は凍死するような環境に自ら突っ込んで行ったという点では自業自得とも読める。吹雪やむまで待てよと思う。
※30269. 人生名無しさん : 2014/04/07 02:22
あの話は、誰も助けなかったんじゃなくて、誰も気づかなかったんだと思う。
フランダースも同じ。ホタルの墓なんかも似てるね。
作者は、そういう過酷な状況の子もいるんだという事実と、
助けたいという思いを聞き手に感じてほしかったんだと思うよ。
だけど、ただ死んでしまうのはあまりにも救われないから。
最後に救われたんだというストーリーにしたんだと思う。

母の助けを待ち、信じるしかなく、亡くなった大阪の姉弟がいたけど、
周囲は助けることができなかった。
現代でも、たいして変わらない。
※30270. 人生名無しさん : 2014/04/07 03:37
※30265
敢えて悪い言い方をするとせっかく助けてやったんだから救われてくれなきゃ虚しいし、その気持ちに従えば過度に財産を浪費することになりかねないからだな。
希望そのものを否定するんじゃなくて、それ以上に単純に「嫌」ってだけの話。
※30272. 人生名無しさん : 2014/04/07 11:19
※30265
既に重症化し対症療法を施さないと死ぬ人間に向かって
予防の説教垂れるようなもんだからな。しかも言ってる本人は
「目先の感情に捕らわれずに現実論を吐けるオレ、カッケー(チラッ」
とか言って自己陶酔に浸ってるような連中が大半だし。
※30273. 人生名無しさん : 2014/04/07 17:25
ネロはチャンスが何度もあっていろんな人も善意を向けてくれたのに
自分ですべて不意にして顔に泥を塗り続けた。働きさえすれば画家になる学校へも
いけたのに自分で逃げ出して勝手にとうししただけ。犬を巻き添えにしたクソガキだよ
だから本国では嫌われてた。作者がどういうやつかはしんだ経緯を調べるとわかる
※30274. 人生名無しさん : 2014/04/07 18:18
>作者がどういうやつかはしんだ経緯を調べるとわかる
アンデルセン場合は、ナニが巨大で女性に嫌われていたという真偽不明のネタがある。一生独身でコミュ障喪男だったというのは事実w
ようするによほどの作家じゃないと公私にわたる生活でまともな障害を遅れた奴はいないw
※30279. 人生名無しさん : 2014/04/08 11:57
今だって放置子は家に入れないのが鉄則じゃないですか
※30280. 人生名無しさん : 2014/04/08 11:59
こいつら何で公園のホームレスを家に入れてあげないの?
いっしょにおなかいっぱいご馳走を食べればいいじゃない
※30289. 人生名無しさん : 2014/04/09 05:49 [ 編集 ]
※30255が言っていることも※30265が言っていることも、どちらもとても大切。
根本的な問題の解決も一時的で即効性のある援助も、被援助側にとっては欠くことができない。
ただ、両者の役割を担うアクターが異なるだけ。
前者は専門機関が各国政府と共同で挑戦し続けているし、
後者は第三セクターが一般市民の善意に助けられながら行っている。
組織だってない個々の人間が根本の問題解決ために必要なものを持っていないのは当然だから、
基本的に一般市民に求められている意識は、まさに※30265の言っていることだ。
けれどその目先の援助は※30255の考え方が念頭にあるからこそ力を増すのであって、
両者は決して切り離せない重要な考え方。
まあこれは現代に限っての話だし、マッチ売り云々の主旨とは大幅にずれるが、
※30292. 人生名無しさん : 2014/04/10 00:04 [ 編集 ]
マーロン・ブランドという俳優は、少数民族のインディアン、抑圧時代の黒人、カルカッタの貧困児、ユダヤ人ら弱者に徹底して社会運動にやユニセフ親善大使に参加した。寄付も沢山した。
しかし、根本的に(白人が子どもの頃から抑圧された文化と記憶をもつ黒人になりきれないように洞察を特化しても)彼らの気持ちになりきれず、また国の飢餓などいち芸能人では500万ドル以上の寄付でもどうしようもない、そいうことを悟ってから、社会活動はしなくなった。
一般人が一個人として出来る事をするようになった。

マザー・テレサや夜回り先生のように、私財を投げ打とうが小指を切られようが徹底的に相手の気持ちを考えて行動する、
そうでなければ時に突き放したりもしなければならない。
さもないと自分が鬱や辛さを被る。突き放し自体も痛みを伴う。
人格障害者、薬物・アルコール中毒者などいるしなあ。
手助けだって、愛情が薄かったりいじめの被害を自分の心が投影しているからやっている人も沢山いる。

自分の出来る範囲で。
出来ないのなら、泣いて馬謖を斬れる人間になれば良いと思う。
※30320. 人生名無しさん : 2014/04/11 10:25
善意は自己満足だよ
返ってこなくて当たり前、施した相手から偽善者とそしられても構わないくらいの気持ちでない限りそれは善意といえない。
見返り前提のただの取引

冷たいようだけど、本当に動物が好きな人達は飼えもしない野良猫に餌だけやる人間を軽蔑してる
前、無責任な人に餌付け→置き去りにされたお陰で自力で餌を取れなくなり、人を恨みながら死んでいった猫の話を読んだ
餌付けした当人はいい人の気分を味わえたかもしれないけど、ただでさえ生き残りに必死な野良の世界で、短期間でも自力で餌確保を怠った個体が勝ち残れる筈がない。
人間=餌をくれるって覚えさせたせいで警戒心を失くして動物虐待者に捕まったり、
餌目当てに大量の野良が集まった為に一括で保健所に送られたり。
生命なんだから排泄もすれば病気にもなる。短期間、餌だけあげてハイ終了じゃない。
そこまで考えてるからまともな動物好きは冷酷とそしられても飼えない野良に餌はあげない。人間にも同じ事が言えると思うよ。
※30411.    : 2014/04/19 22:18
現実を認めてその上で希望を持って進んでいく方がよほど面白いよ
現実逃避は恐いね。現実逃避すると現実を見ることを極端に恐れるようになるから
受け入れてしまいさえすれば、それでいて希望を持ちさえすれば、現実って面白いものなのにね

そうは言っても、かように実際逃げ出した方がいいような現実もあると思うから、必ずそうだとは思えないんだけどね

自分でまいた種を刈り取ってるだけって考え方だって、力強さになるのか逃げ道塞いでしまうのかで紙一重だからね
考え方も道具の如く使い方と使うタイミングが肝心なのかもしれないね
※31940. 人生名無しさん : 2014/08/28 19:27
夢を見れるマッチとして売ればよかったのよ





管理者にだけ表示を許可する