猫に関する不思議な話 : 人生相談とか日常とか

猫に関する不思議な話

http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395231152/
1 :名無しさん : 2014/03/19(水)21:12:32 ID:DIqvh0tz4
猫の起源エジプトでは神の化身と崇められ
ヨーロッパに広かった後には悪魔の化身と迫害されながらも
瞬く間に世界中に広がった猫、そんなに数奇な運命を辿って来た
猫にまつわる不思議な話は数知れず
そんな猫のあなたが体験した不思議な話を持ち寄りましょう。

スポンサードリンク
4 :名無しさん : 2014/03/20(木)15:07:52 ID:dCDVY77F5
前に飼ってた猫は何時に仕事から帰ろうとも
帰る少し前に待機していたらしい

5 :bac : 2014/03/20(木)15:31:44 ID:Y2ihQ7HEK
新耳袋には家に居着いた野良猫が「いぬ」と喋ったという話がある。

6 :名無しさん : 2014/03/20(木)16:10:52 ID:M9nHkDVAP
ぬこはいつ、何処で、何をしてても可愛い。
……不思議だ。

7 :名無しさん : 2014/03/20(木)21:08:24 ID:yqxNwqTtH
頭以外を触ると「ん??」と言う
名前を呼ぶと「はぁ?」と囁くような声を出す、うちの猫

8 :名無しさん : 2014/03/21(金)14:24:18 ID:6ygAOczHH
以前に飼ってた猫は一度だけしゃべった、マジで。
その猫が旅立って10年。
たまに、その猫は夢の中で紫色の光りと一緒に空から降りて来て、
俺に説教をする。
「あなたは勇気と自信を取り違いしているにゃ」
とか言われても、難しくて分かんねぇよ。゜(゜´Д`゜)゜。

9 :名無しさん : 2014/03/22(土)14:43:43 ID:BKIqh4opL
小学生の頃、猫と留守番しているときにテレビを観ていたんだ
プチっとテレビが消えてすぐプチっとついた
もちろんリモコンは猫も自分も触っていない

怖くなって猫を抱きしめたが、猫はテレビ画面を見つめ続けていた

その後は特にテレビの不具合もないし、何かが出たとかもないんだけどね

10 :名無しさん : 2014/03/23(日)06:56:09 ID:uZdKq4L06
猫と過ごした時間≦年齢
な俺だが、全然ないんだよなー。覚えてないだけかも知らんが。

11 :名無しさん : 2014/03/23(日)09:56:00 ID:YJN1xNvN5
文章が下手で済みません。
数ヵ月ほど前にあった話なんだが
じいちゃんが亡くなった日の夜、両親達は仏間で親戚や葬儀場の人と話をしていた。
その間私は居間で従姉妹とテレビ見ながら猫を撫でていた。
親戚が続々来るので戸を開けたら撫でていた猫は急にばっと見えない何かに身構えて
そのまま開けた戸からダダッと外に出た。
どうしたのかと外に出た猫を見たら母の車の前でゴロンと仰向けにして
誰かに撫でて貰ってるような体勢になっていた。
???と思って近づいたらまた何処かに走り去っていった。
追いかけようかと思ったが丁度住職さんが到着したので家に戻りお経を聞き、
終わってからすぐどこ行ったのか探そうと思っていたら戸のすぐ傍でニャーンと
まるでお経が終わるのを待っていたかのようにいた。
その後ふと気づいたのだが、猫が走り去った方向には自分の家の墓があった。
猫はじいちゃんを墓の方へと導いてくれたのかなと思った。

12 :名無しさん : 2014/04/07(月)21:40:11 ID:K1DhRkZKe
小学生くらいの頃、いじめられっ子だった自分。
近所のねこたんたちが唯一の友達だった。
ねこ会議にも参加させてくれてたし、
泣いているとひざの上に乗ってきたりそばにいてくれた。
不思議とねこ達が何を言っているのかもわかった。
年をとったばあちゃん猫は、昔山に修行に行ったらしい。
今の家猫はそういう風習を守らないと愚痴っていた。
いじめられていた辛いとき、正直自殺も考えたが、
一線を越えなかったのは確実にねこ達のおかげだ。
中学、高校生くらいになると仲の良い友人も増え、
ねこ達とは挨拶をするくらいの関係になった。
高校生のある日、一匹のねこに話しかけると
今までわかっていたはずの猫語がさっぱりわからなくなっていた。
私が首をかしげると、ねこはにゃーといって去っていた。
なんとなく「時期が来たんだね」と言われた気がした。

いまでもねこは好きです。

13 :名無しさん : 2014/04/07(月)22:00:56 ID:9MkoQWUsl
子供は猫の言葉がわかったりするのかなぁ。
表情から何となく考えてることはわかるけど、猫語が理解できたためしはないな……。

14 :名無しさん : 2014/04/08(火)00:18:16 ID:kACaaFXdH
>>12
いじめにあわれてたのは
お辛かったと思いますが
ヌコさん達との交流
素敵なお話ですね

15 :12 : 2014/04/09(水)22:26:53 ID:5Bwu3djFH
>>13
>>14
実は、ばあちゃん猫にお前はお山に修行には行かないのかい?って誘われたんですよ。
いや、私人間だからwwwって笑ってごまかしたんですが、行っていたらどうなってたんでしょうね。

ねこ語がわかったのは子ども特有の妄想かもしれませんが、
精神的に支えになってくれて、わたしを生かしてくれたのは確かです。

16 :猫憑き : 2014/04/12(土)20:39:44 ID:ok1l66oYQ
うちの家系はどうやら猫憑きらしい、3月の終わりに東北の有名な神社に
行ったときに神主に肩に猫が乗っているって言われて母がそんな事言ってたの思い出した。
思い出してみると、飼い猫が死ぬ前後に子猫が家の前で泣いててそのまま飼ったり
15歳くらいの飼い猫の死んだ次の日に家族全員がいろんな場所で
そいつの声聞いたりと結構不思議な体験してる。
そういえば死ぬ前日、普段は家の二階から降りてこないのに居間に下りてきてたなー。
お別れ言いに来てくれたのかな?

17 :名無しさん : 2014/04/13(日)01:31:41 ID:OKRUrBKNW
当時夜の仕事をしてて帰宅がAM3:00過ぎだったんだけど、
駐車場に車を停めようとしたら俺の駐車場に猫が5~6匹集まって集会してた。
近所に他の家の飼い猫や野良猫がいるのは知っていたけどそんなこと初めてだったから驚いた。
ライトで照らしても逃げないし深夜で近所の迷惑になるから大きな音を立てられない。
とりあえず車から降りて近付いてみようとしたら、俺がドアを開けた途端に皆逃げた。
不思議に思いつつそのまま寝て昼頃に起きたら飼い猫が死んだと聞いた。
朝気が付いたら死んでたらしい。
かなりのばあちゃん猫だったからいつ死んでもおかしくなかったんだけど、
猫って他の猫の死に際がわかるのかなと思った。
飼い猫は自由に家と外を出入りしてたから、もしかしたら友達だったのかもしれない。

19 :名無しさん@おーぷん : 2014/05/03(土)14:50:09 ID:78MiDYTLZ
雌猫は餌に困らない環境なら、母娘や姉妹でお互いの子供を一緒に育てることがある
集まったのが近所の親類や友達というのもありえるね(*´ω`*)

20 :名無しさん@おーぷん : 2014/05/08(木)22:09:15 ID:obIMyiXsz
私は初産の子を流産しまして
生きる希望を見失ってまして
その時、道路の真ん中でしっぽオッタテテ泣いてる?姿を発見して
出会ったのが今飼ってるヌコ


無くした我が子の後を追おうとまで
思てた時に出会ったので
きっと天国に行った私の子が
出逢わせてくれたんだって思ってます

私に生きろ!!と叱咤してくれたと
思っています

が、今その猫タンは、うちの
ジーサン バーサンの方になついちゃって あれ?て感じっす

でも まっ、存在そのものが
喜び幸福なので有りだなぁと思います

21 :名無しさん@おーぷん : 2014/05/08(木)22:18:28 ID:obIMyiXsz
付けたし

道路の真ん中で泣いてる?時は
小っさい子猫でした

両目 目ヤニで潰れてたの

慌ててひらって 仕事の合間に
病院連れてって 結局飼うことに
なっちゃったけど 飼うの反対してた両親 この子にベタ惚れ

私的にはシメシメ
(^∧^)

22 :名無しさん@おーぷん : 2014/05/09(金)21:04:23 ID:yc6go2aw5
このあいだ、猫が痙攣して病院連れていったら、
「もう死んでる状態です」って言われたのに、持ち直して今は子猫並みに元気

23 :名無しさん@おーぷん : 2014/05/09(金)22:31:20 ID:iPSgm92ET
リアル猫の恩返し
一昨日の夜、近所の野良に鰹節あげたら家のドアまでついてきて
次の朝、ドアの下にピクピクしてる殿様バッタが置かれていた…。
要らないからその猫に「気持ちだけもらうね」って言ってきた。
明日は何もありませんように…

1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2014/08/20 12:00
人気サイトの新着記事
[ 2014/08/20 12:00 ] 人生 | コメント(8)
コメント
※31866. 名無し : 2014/08/20 19:37
白目をむいて痙攣。
おじいちゃん猫だったからもうダメなんだって思って名前呼びながら涙流して揺さぶったら
「ん?」という顔をして普通に目を覚まして去っていたった。

ただ寝てただけだった・・・。
※31867. 人生名無しさん : 2014/08/20 23:40
死にかけの子猫だったのを一生懸命看病して
育てたw
ずっと無視されてたけど何かの隙に
服をフミフミしてチュウチュウ吸ってたのは
やっぱりお母さんと思ってくれてたのかな
他の家族にはフミフミはしないw
※31874. 人生名無しさん : 2014/08/21 17:03
俺が拾ってきた猫なんだが、どうやら大人の男に虐められてたのか、俺にだけ全く懐かなかった。 死にそうだったのを嫁と子供達で看病して、固形の餌が食べられるようになった途端、俺には「シャーッ」だった。撫でるのに1年かかり、抱っこするのに5年かかった。正確には抱っこしてひっかれなくなるのにだな。そのくせ餌は俺に要求して来てたな。それ以外は絶対寄ってこなかった。11年目でいきなりやせ始め、おかしいと思い、引っ掻かれながらも病院に行ったら癌だった。最後は腫瘍が破裂して大きな傷になってかわいそうだった。嫌がるのを抑えつけて薬塗ったりしてた。しばらくして夜中にいきなり俺の枕元に来て、いきなりぺろぺろ俺の顔を舐め始めた。そんなの初めてだったので、うれしくて布団に入れたら「ごろごろ」言い始め俺の顔を舐めつづけたんだよ。俺もよしよしって背中を撫で続けた。朝、嫁に起こされたら猫はいなくて、部屋の隅に自分のお気に入りのタオルを自分で運んだらしく、その上で死んでたよ。泣いたなぁ。家族みんなで泣いたよ。最後の「ありがとう」だったのかなぁ。
※31875. 人生名無しさん : 2014/08/21 17:53 [ 編集 ]
2頭飼いで、年寄りの方が死んだ。
和室の真ん中に寝かせ、家族で通夜をした。

翌朝、障子をあけて陽を入れると、庭先に近所の猫がすべて集まっていた。
もう1頭の猫が窓に進み出て、ちょこんと座った。
喪主のようだった、と思う。
暫くすると庭先の猫たちは各々引き上げていった。

猫には猫の社会がある、ようだ。
※31880. 名前はまだない : 2014/08/22 11:31
駅からの帰り道にいる野良猫。勝手にシロタマと名前をつけてエサをやってた。
そのうちに「シロタマー」と名前を呼ぶと、のっそり現れるようになってきた。
1年ほどそうしていたがある夜、シロタマが夢に出てきて「今までありがとう。
でも僕もうだめなんだ。さようなら」と言って歩いていってしまった。
次の日からシロタマを見ることはなくなった。最後の挨拶に来てくれたんだね。
※31887. 人生名無しさん : 2014/08/22 23:42
昔飼っていた猫が逝った後、PCのトラブルでその猫の最期の方の写真データがそっくり消えた
不思議な事に、家族が別に撮っていた写真も、その時期のデータが消えたらしい
メスだったが結構強い猫だったから、弱っている自分の姿を残したくなかったんだろうな、って事でなんか納得した
奇しくもが命日だ
気が向いたら戻っておいで
※31909. 人生名無しさん : 2014/08/25 09:21
朝寝坊の娘(JK)を起こすのは猫の仕事だった。
猫は毎朝娘の顔を舐めて娘を追い出して、布団を占領するのだった。

ある晩、外出した猫が帰ってこない。
翌朝出勤しようとした俺が見たのは、わが家の前の道路に倒れた猫の姿だった。夜間に車にはねられてしまったらしい・・・即死である。
抱きかかえて家に連れて帰って、庭の隅に埋葬した。
娘はまだ寝ている。

その夜、娘が言った。
『マリ(猫の名前)が私を起こしに来たんだよ。目さめたらいなくなっていたけど』
時系列的にはありえないことだったが、納得はした。
自分の仕事をキチンと果たしてから旅立ったのだろう。
・・・マジメな奴め。
※31974. ななっしー : 2014/09/01 04:08
>が、今その猫タンは、うちの
>ジーサン バーサンの方になついちゃって あれ?て感じっす
あるある過ぎワロタwwwwwww
うちの初代猫も、全然世話してなかったのに、家族で一番俺に懐いてていつも布団の中に入ってきてたわ。
真夏でも胸の上で寝られたりとか、中々に暑苦しかったwww





管理者にだけ表示を許可する