過去の記憶というか思い出が飽和してよく分からん事になってる : 人生相談とか日常とか

過去の記憶というか思い出が飽和してよく分からん事になってる

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1468250430/
1 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:20:30 ID:jDB
物語とか読んでてもあぁそういや俺もそんな事あったなあなんて時々思うけど
でもよくよく思い返してみると具体的な記憶が出てこない

何がどうしたのが記録史上初だとか逐一覚えてるはずなのに
記録のないものに対して既視感を覚えるというか記録そのものを忘れてしまっている感覚

わかるやついる?

スポンサードリンク
2 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:22:16 ID:F79
飽和とは違うんでね

3 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:23:46 ID:jDB
>>2
それは自分で言ってて思った
別に新しい記憶が入ってこないわけじゃないしな

これなんて言えばいいんだろうな・・・

4 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:28:01 ID:F79
なんとなく覚えてるんじゃなく、出来事そのものが無かったって
言う感じか

5 :マーテル◆SSSSSSSSOOEh : 2016/07/12(火)00:29:01 ID:rmK
デジャヴュってやつではないのね
訳わからん状態のとき不意に今は昔見た夢の通りかも!って思ったことはある
脳の記憶領域の~~だか何だからしい?

6 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:29:11 ID:jDB
>>4
そんな感じ

おぼろけにどうのってのじゃなくて
微塵も記録が残ってないような謎の記憶が散らばってる

なんかこうファンタジー的な言い方すると他人の記憶みたいな

7 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:30:46 ID:jDB
>>5
デジャヴの本来の意味知らなかったこういうことなのか・・・
てっきり同じことやりすぎて何度目か分からんって意味のことだと思ってた

まぁ現実的に考えるなら脳のバグだよなぁ

8 :マーテル◆SSSSSSSSOOEh : 2016/07/12(火)00:32:57 ID:rmK
昔の日記を読んだ時のが近いか?
>>7
その時はまたかよ!?ってなる
無意識に陥る?悪癖とか置いといた課題的なやつではないかと

10 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:35:07 ID:jDB
>>8
いやそれは似てるようで逆だと思う
全く見に覚えがないけど記録として残ってるってことだろ?

はっきり見に覚えがあるのに記録がないorそのような状況は生じ難いとかそういう

12 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:38:06 ID:Bo9
言われてみれば辛い記憶は多少あるな
それ以外はほとんどわからん

14 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:39:29 ID:jDB
>>12
人間あまりに辛い記憶だとストレスから身を守るために
その部分を封じてしまうらしいで

言われてみれば俺も全く分からない空白の期間がある
といっても辛かったという記憶も同時に無いので
本当に辛かったのかどうかはちょっと疑問だが

15 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:39:42 ID:F79
俺は逆に飲み過ぎて記憶無くしてあとからこんな事が
あったなんて言われてたまに落ち込む・・・んでもすぐ忘れる

17 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:42:33 ID:jDB
>>15
そのケースもないわけじゃない
記憶が無いほど酒飲むことはあり得ないと断言できるけど
寝ぼけてた時の事を言われたら恥ずかしくて死にそうになるな

今はまだこうしてあり得ないなんて断言できるけど
そのうち何か記憶が混ざってしまって本当にそうなんだろうかと疑問を思ってしまいそう

16 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:41:32 ID:Bo9
なんだろ 小中の記憶は全くと言っていいほど無い 高校の頃の記憶もあまり無い

あれ…?

18 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:43:44 ID:jDB
>>16
就職or大学の記憶がはっきり残ってるならそういうことなんだろ・・・

わしもなぜか小学二年生の記憶だけないのね
一年や三年のことは結構覚えてるのに

19 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:45:13 ID:UZY
記憶ってのは曖昧なものだよ

22 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:47:12 ID:jDB
>>19
まぁそりゃね

ただ忘れるのは仕方ないと思うが
あるはずのない記憶が一つや二つじゃないのはどうにも納得できんのだ

人生単位でとてつもない量を忘れていて僅かに残っていたのがそれ
つまり前世の記憶であるなんて言われる方が実は納得できるなぁなんて思ったり

23 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:47:26 ID:UZY
そうかな?例えば記憶を組み替えていたとして
それを証明するのが記録
それがないなら何が事実かなんて実はすごく曖昧なものだよね

24 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:48:25 ID:F79
>>23
日記でも書けってことやね

25 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:48:42 ID:UZY
>>24
過去を証明したいならね

28 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:51:22 ID:jDB
>>23-25
そうです完全にデータを残してない俺が悪いんすよ

当時は日記なんて書く意味が分からなかった
脳内のほうが鮮明に記録されてるのに何でわざわざそんなこと?って

でも今こうなって見るとその必要性が分かりますな

30 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:53:01 ID:UZY
>>28
仕事のやり方なんかをノートにまとめるのと同じだよね
記録を取ることは、事実を残すことと記憶の鮮明化に効果があると思う

33 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:58:15 ID:jDB
>>30
あるだろうねえ

だが非常にポンコツな話
俺の仕事を文字で記録しようにも俺の表現力が足りなすぎて
絶妙な領域ってのが書き留められない・・・他人どころか記憶喪失の俺がみても意味不明な自信がある

27 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:50:44 ID:UZY
>>22
それを証明することは不可能だからね

仮に一時期に物凄いストレスを受けていたとすると捻じ曲がった記憶として覚えていることは何ら不自然ではないと思う

31 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:54:23 ID:jDB
>>27
うーんやっぱりそうなるのか

ストレスって部分は心当たりがある気がする
さっきちらっと書いたけど小学二年の頃って
オカンがヒス発症して家がボロボロになってた時期を重なりそうなんだよね

二年生だったという記憶はないが
小学校低学年くらいの目線で記録された写真のようなイメージがぽつんと残ってる

34 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)00:58:19 ID:UZY
>>31
そういったこと詳しい人間じゃないから
断言はできないけど、恐らくそれが原因だろうね
あまりにも大きいのストレスを受けると人間はそれと向き合うことができなくなる
ある人はPTSDになりフラッシュバックを見たり
ある人は主のように現実と捉えられず事実から捻じ曲げてストレスを逃す
これ意外にもあると思う
何らかの形で自己防衛するようにできてる

35 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:00:44 ID:jDB
>>34
一番現実的な答えがこれだろうな

しかし当時の俺は何があったんや・・・
クソガキだったから別にオカンが発狂しようと
それ単体だけで俺まで狂ったりはしないはずなのにな

オカンは無理にしても姉貴なら何か覚えてるかも
今度聞いてみるかなぁ

37 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:01:24 ID:UZY
>>35
間違いなく周りに聞くのが無難だよな

36 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:00:49 ID:UZY
>>33
人間は継続すればコツを覚える生き物だから安心してトライしてみると良い

39 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:03:40 ID:jDB
>>36
それはすごく分かる

俺が読むことはきっと無いだろうなぁと思うけど
まぁ何があるか分からんのでやや意味不明でも何か残しておくか
それを読んで仕事を引き継いでくれる人が現れるかは分からんが

>>37
だな

つっても姉貴も親父も同じように捻じ曲げてる可能性が大いにあるから
あんまり期待できないがwwww

40 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:04:09 ID:F79
たとえば昔やったゲームの内容を覚えていないっちゅうのは
よくあるけどゲームしたことを覚えていないっていうのは怖いな

42 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:09:11 ID:jDB
>>40
それそのものはないけど
その表現はまさに俺の感覚ですわ

もっと言うとゲームやった覚えがないじゃなくて
そのゲームをやるためのハードが家にないし持ってる友達の家に行ったこともないから
触れたことあるわけがない、みたいな

44 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:12:09 ID:jDB
たださっきレスしてて思ったんだけど
小学2年生のストレスが原因で以後10年くらい記憶の改ざんが定期的に起こったりするんだろうか・・・?

明らかに異質なのは2年生だけでそれ以外はしっかり良くも悪くも色んな記憶がある
そして俺のではない記憶(?)に関しては小学二年生じゃ絶対に経験し得ないものも含まれてる

ストレスの件はあったかもしれないが
ただこれ一つで片付く問題ではないのかも

46 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:14:51 ID:UZY
>>44
人の記憶回路を読み解かないと解決しないかもなw
>>45の言うようにその時期に受けた他人から聞いた話が事実のように記憶されてるのかもな
思い出のマーニー状態では?

45 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:13:53 ID:F79
他人の出来ごとが自分の出来ごとであったように感じる人は
おるみたいやね

まぁ生活に支障でるようなら医療機関とかに相談やね

49 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:19:22 ID:jDB
>>45-46
なるほどそれは考えたこともなかった
一度そうやって他人の話を自分のものにするって感覚を覚えたら
それがまた別の話を聞くときに自分のものにする助けになって永遠ループするってか

今のところ生活に支障はないが将来的な事を考えると懸念もある・・・うーむ
余談だけど思い出のマーニーはははーんなるほどっていうかそんなにファンタジーファンタジーしてるって感じがなかったな(俺は)

43 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:11:18 ID:UZY
>>39
記録はいつか役に立つよ

もし父姉が普通に生活できてるなら厳しいかもな
父のが期待できるかもな
子供の場合とは違う受け取り方してそう

47 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:15:51 ID:jDB
>>43
両親は今でこそ落ち着いたから俺も昔のことは無かったことにして普通に接してる
ただその時以降も確か怪しい宗教にはまったり俺と姉に対して職業柄を考慮するとちょっとおかしな教育したり・・・

昔の親父は今思うとキチガイだったし
大人な見解があったかどうかっていうとほぼ期待できなさそう

姉は今もなお躁鬱が原因でニートしてるね

48 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:18:02 ID:UZY
>>47
なるほどな
姉はもろに精神構造にダメージ受けてるんだな
>>1は記憶を濁すことでストレスからうまく逃げられた、のかはわからんけど
いろいろ大変な家庭で育ったんだな…

51 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:22:32 ID:jDB
>>48
両親サイド姉サイド双方の事情知ってるからどちらが一方的にってわけじゃないけど
まあ確かに「姉のようにはならない」なんていう小さな見下しがあってのことで
それを全くなしに逆の立場で育っていたらああならなかった自信はない

とはいえずっと昔のことで立ち止まってていい時期は過ぎてるとも思うけど
逃げるのは仕方ないが逃げすぎてるよって

50 :わっふる : 2016/07/12(火)01:22:10 ID:bJT
二重人格とかじゃない?

52 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:24:55 ID:jDB
>>50
あれって記憶を全く引き継いでないらしいから多分違うと思う
一時期それを自分で疑ったりはしたけど寝てた以外で記憶が無いなんて事は一度も起きてないね

ただ自分のキャラクターポジションが分からなくなるというか
親切キャラで行ってみたりクズキャラで行ってみたりと一貫性の無さが目についてた時期もあった

今でこそうまい具合にバランスとって補正できてると思うけど

54 :わっふる : 2016/07/12(火)01:27:54 ID:bJT
>>52

じゃあ夢遊病とかかなあ?

56 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:30:09 ID:jDB
>>54
自分でとってもファンタジーなこと言っときながら
それを聞くと皆が想像するようなのと同じ感覚に陥るな・・・

これも同じように自覚が難しい部分だから俺からはなんとも言えんのだけど
それっぽい事を言われたり態度に出した両親は見たことがない

ぐらいしか言えないけど

53 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:25:12 ID:F79
話ずれるけど宗教や学問なんて他人の言葉を信じてどう自分の物に
するもんかだと思うんだわ解釈や取捨選択をどう決めるかだよね

55 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:27:58 ID:jDB
>>53
そりゃそうでしょうなぁ

そういう自分の世界を超えたオーバー領域(?)みたいなものは
自分で再構築することなく切り貼りするしかないものだからね

そこを組み直しできる人間だというならその分野で第一線を行っていると思う

57 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:30:57 ID:UZY
>>49
永遠ループというか、正常な記憶回路が作動してないので記憶すること自体が曖昧なものになってるからね
いまが立ち直ってるなら再発することもないだろうね

思い出のマーニーも同じ
主人公の子も何らかの精神障害を持っているから、何度も聞いた話を実際の場所に行くことで現実のようにフラッシュバックしたんだと解釈してる
マーニーは個人的に普通に良い話だと思ってるよ

60 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:35:53 ID:jDB
>>57
ファイルのメタデータ部分を出力するプログラムがバグってたとかそんなか

だいぶ本編の内容が薄れてきつつあるから勘違いしてるかもしらんが
そう言われてみれば俺のこの症状(?)についても重なるものがあるな

作品そのものの話をするなら俺も結構好きなタイトルや

58 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:33:22 ID:UZY
>>51
受け止められない人間もいるからね
人の精神ってのはそういうもんだと認識してる

精神が現実を認知し記憶するってのはかなり高度な事なんじゃないかな

62 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:39:06 ID:jDB
>>58
うむ

実際こんなこと言いながらも自分が高1で自称進学校を辞めたという事実から
目を背けなくて済むようになったのは大学2年になってからの話だ
それまでは絶対誰にもバレるわけにはいかない秘密だったしな

何にせよ文字通りの意味で気のせい、なんてことは結構あると思うし
精神状態に囚われれず客観的に状況を記憶するなんて理屈の上では不可能な気がするよ

61 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:36:55 ID:UZY
簡単な話
全てを知らないから正常な精神で居られる
全てを受け止めて健常な精神で居られる人間がいるなら
本物の聖人になれると思う
人はいろいろなことを濁して認識する事で
正常な精神を保ってるんじゃないかな
と脳内の妄想を垂れ流してみる

65 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:44:57 ID:jDB
>>61
妄想じゃなくて正解だと思うよ

ただ最初から全てを受け止める性能なんて必要なくて
少しずつ受け止める努力をすることで耐久性が上がっていくんだから
そういう努力の先に聖人化なんてのも不可能ではない気がする

ただその場合は聖人というより神と呼ぶのが相応しい存在だと思うけどwww

69 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:56:53 ID:UZY
>>62
当然のことだよね
記憶回路が精神構造の上に成り立ってるんだから

>>65
多分、正常な人間の脳と精神が処理できるスペックを超えてるよな

その通りで、受け止める必要なんてない
俺の中での結論は抜本的な成長は常に行い
人生はその時の自分の価値観の上で楽しむ
ネットは自由だから好きだよ、特におーぷんは気が楽

71 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:03:21 ID:jDB
>>69
これぞ本当に本当の最終進化系なんだと思いながら
苦行に近い方向転換を何度も繰り返してきて思うんだけど
旧式のやり方が全部無駄だったかと言うとそうでもないんだよね

そんな過去があるから今が豊かなんだと思ってみたり
そう考えるとほとんどが必要経費だったと言えるし
そんなに悲観するものじゃないねぇって

おーぷんは良い
何でかってこの手のスレを本家に立てようもんなら臭い云々の嵐だから・・・

73 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:14:15 ID:UZY
>>71
それが努力や苦行は無駄にならないって事だと思う
生きてきた事、考えてきた事、成功も失敗も経験した事も
必要経費と割り切る必要はないけど
全てひっくるめて自分の人生で、今までの全てが自分を構築してるわけだし
責任は背負って、それでも未だにできない事を憂いたり、失敗を嘆くけど
常に自分を認知し成長させる事で、次へ進めるよ

おーぷんの良さを分かってない奴がいて嘆かわしいよ

68 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:54:00 ID:hQn
さらっと言うけどイッチ実はすごい経歴の持ち主なんしゃね?

70 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)01:57:34 ID:jDB
>>68
具体的にどうすごいかってのはきっと自分には分からないんだろうけど
多分そうというか酷似した人生を歩んだやつなんてまず居ないだろうね

どこへ行ってもどこかで何だこいつと言われるもんだから
なんかもうそれを前提に生きてる気がするよ

お陰様で普通とは何なのかよく分からんのです

72 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:11:17 ID:hQn
>>70
それを踏まえた上でスペック聞いてもええか?

そこにまた驚かされるんじゃないかと

74 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:16:28 ID:jDB
>>72
言ったところで嘘乙としか思われない気がするんすよ

20男
大学3年
小学校6年間クラスが変わらないような田舎出身
プロクリエイター目指して現在修行中

76 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:21:40 ID:hQn
>>74
あえて言おう


嘘乙

77 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:24:43 ID:jDB
>>76
はい

こんなだからよく嘘はついてます
本当のこと言って信じて貰えないなら自然に聞こえる嘘をつくって

そのお陰でまた人の闇な部分が見えてしまうのは別の話

78 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:29:21 ID:F79
嫌な事を覚えてるのは普通のことやわね、逆に超記憶症候群とかいう
人たちは見聞きしたとんでもない量の情報のなかでおぼれそうになってる
とか、適当に忘れてもいいって思っていればいいんじゃないかな

79 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:33:33 ID:jDB
>>78
サヴァン症候群ってやつか

きっと脳の何処かに情報供給を抑えるヒューズみたいなものは入ってると思うんだけど
実際これが機能してるお陰で助かってると思う

なんでもそうだけど普通じゃないことってそんだけ辛いんやろねって
普通に合わせて作られた世の中に対して生きやすいわけがない

75 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:20:56 ID:jDB
>>73
うむ
そしてさっき書き忘れたことではあるが、人生の中でも巡航速度みたいなものはあって
低速だから見えること高速だから見えることの違いがまた面白いのも同意ですわと

何となくUZYの人物像が見えるような見えないような
きっとどこかのお偉い学者か何かな気がしてる

普段まず接点のないような人達とこうして語ってるのも匿名掲示板の凄さや

80 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:34:08 ID:UZY
>>75
インターネットってのは本当に面白いものだよね
俺もこうした出会いが本当に貴重に感じてるよ

自分の身分は野暮なので言わないけど
学者みたいな偉い人間ではないよ

一般人にとって
無駄で蛇足な思考を働かせている時間が幸福
仕事やお金が絡まないから何より自由で居られるからね

81 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:38:03 ID:jDB
>>80
そうかそれは残念だ・・・

あんまり慣れ合ってたらきっと叩かれるだろうが
まぁでもこの手の話って世間の大半は受け付けないから
話が出来るだけで新鮮だしトータルすると時間の無駄だとは思ってても
やめられない秘訣なんでしょう

さて大体潮時かなと感じるのでオレは寝ます
遅くまで付き合ってくれて皆ありがとう!

82 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:46:52 ID:F79
俺の知人が身体障害者なんだけど(片足無い)彼が同じ障害者の
精神障害の人と話をしたんだけどあんまり話が通じなかったって
言ってましたわ、もちろん障害の程度や事由もちがうんですが
どう接していいか解らなかったみたいです。一般の人ならなおさら
かもしれんね

83 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/12(火)02:57:04 ID:UZY
>>81
時間帯はあるよな、この時間だからこそできた話
有意義な時間をありがとう

1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2016/08/09 12:00
人気サイトの新着記事
[ 2016/08/09 12:00 ] 人生 | コメント(0)
コメント





管理者にだけ表示を許可する