魂や死後の世界があるような気がしてくる : 人生相談とか日常とか

魂や死後の世界があるような気がしてくる

1 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:45:02 ID:pC4
臨死体験や生まれ変わりの研究の本を何冊も読んだけど
魂や死後の世界があるような気がする
意識の源は脳ではなく
意識そのものが先に有って
脳は受信機なのでは?

スポンサードリンク
2 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:46:35 ID:cbX
次にこの世界は仮想現実って内容の本を読みまくれ
仮想現実に思えてくるぞ

5 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:49:00 ID:pC4
>>2
そうなるかもしれない

4 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:48:43 ID:0LV
太陽神経叢
意識→エネルギー→物質

7 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:51:43 ID:CfP
脳が受信装置ならクローンの意識どうなんのよ
コピー元と同じ行動したら笑う

8 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:53:18 ID:xWS
なぜ
あって欲しいと思ってしまうのか

じゃないんかな?

9 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:53:45 ID:VH4
はいはいクオリアクオリア

12 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:22:10 ID:pC4
>>7
一卵性双生児でも魂が違うから
別行動をとるんだと思います
また、脳の中身までは同一ではありません

>>8
俺的にはあってもなくても、どちらでもいいんだけどね
何千例もある臨死体験や転生の記録を見ると
信じてしまうものです

>>9
クオリアを物質に還元できるのか
という疑問はあります

10 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)08:58:58 ID:Vyv
悩め若者よ 脳を鍛えるのは良いことだ

11 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:08:07 ID:CQk
事実はどうあれ信じるものは救われる
思い思い思えばよろしい

13 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:37:34 ID:pC4
>>11
半信半疑ではあるけどね

14 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:55:36 ID:pC4
前世と来世の間「中間世」の記憶を持つ子供は
臨死体験者と似たような話をする
やっぱり、生まれ変わりってあるんじゃないかな

15 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:57:21 ID:twJ
こういう説を考えるとき
意識の源泉となるいわゆる魂はどうやって発生するんだって話になる

16 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:57:33 ID:N1g
薬とかで精神をコントロールできるじゃん
どちらが本当の意識なの

17 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)09:58:51 ID:N1g
>>14
生まれ変わったことを覚えてないなら
あってもなくても同じことでは

23 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)10:37:52 ID:pC4
>>15 >>18
発生源はわかりませんね
寿命もわかりません

>>16
それは受信装置が誤作動を起こしてるからですよ
シロシビン(幻覚キノコの成分)は
多様な幻覚を引き起こすので
かつては脳を賦活すると考えられていたのですが
実際には脳の機能を抑制する事が分かっています

>>17
前世の記憶を持つ子供は
人口の2%ほどいるという統計データがあります

18 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)10:03:13 ID:twJ
ひとつの魂が生まれ変わりを繰り返していまの自分がある
現世の肉体が滅んでも魂は次の生まれ変わりをする

と考えるのなら
じゃあ自分の魂はいつどうやって発生し
またいつ消失するのかわからない

19 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)10:16:19 ID:ZQG
創造主がろくでもないやつってことは確かみたいだな

24 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)10:39:36 ID:pC4
>>19
神については不可知論のスタンスです

29 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:23:34 ID:pC4
イアン・スティーヴンソンの「前世の記憶を持つ子どもたち」を読んで
輪廻転生を信じるようになった

30 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:27:43 ID:N1g
いずれの文化圏でも男児がかなり多いという特徴が挙げられる。
次に、前世の記憶では子供たちの圧倒的多数が、自然死ではなく(事故にあったり殺されたりなど)非業の死を遂げ、突然に人生に終止符が打たれているという特徴がある。

だってこれ中二病なんじゃないの

31 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:29:15 ID:pC4
>>30
子どもは幼児期にのみ前世の話をするから
中2病ではない

32 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:32:12 ID:N1g
ちょっと発育が早いんだよ
幼少期に中二病を発症して、その後は
やっちまったという黒歴史を持ちながら成長する
だからだんだん喋らなくなる

33 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:37:23 ID:pC4
>>32
前世の記憶を持っていて
前世の人格と関わりのある人物や物品を述べた者もあります
子どもの発言後にそれが真実だと分かった場合
スティーヴンソン博士は既決例として報告しています
ヴァージニア大学には2600例以上の生まれ変わりの事例が保管されています

非業の死を遂げた物が多い理由としては
そういった死因のほうが情報提供者の記憶に残り易いとか
本人の記憶に残り易いという推測を立てています

34 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:42:26 ID:N1g
記憶に残りやすいっていうのは
完全に脳生理学的な話じゃん
それだと魂と受信装置の考えと
一致しないんだよね

35 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:45:15 ID:N1g
だからちゃんと生物や脳の仕組みを知らない
オカルトな人がなんか言ってる
以上の評価にはならないな
小保方のアメリカの師匠がいたでしょ
あんな感じ
日本にもいるよ定常宇宙論とか反相対性理論の
自称研究者が

37 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:53:24 ID:pC4
>>34
脳と魂は相互作用しているので
その点については矛盾がないと思います

>>35
スティーヴンソン博士は
カナダの名門・マッギル大学・医学部を首席で卒業したのち
ヴァージニア大学・医学部・精神科の主任教授を務めた
れっきとした医学研究者です
生まれ変わりの研究はヴァージニア大学・医学部・精神科・知覚研究室で
50年以上に渡り現在も続けられております

「神経・精神病学誌」でスティーヴンソン博士の特集号が組まれました
その後も「ランセット」「JAMA」など
査読性の一流医学雑誌でも度々取り上げられています

なので、自称研究者ではありません

36 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:46:13 ID:9sO
大東亜戦争の夢を見てこれ前世かな?とか思った事ある

38 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)12:54:22 ID:pC4
>>36
夢には前世の記憶が出易いそうですよ

39 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:03:18 ID:c4a
魂は人間しか持てないの?

40 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:13:32 ID:pC4
>>39
動物だった前世の記憶を語る子どももいます
ただ、本人の証言意外に証拠が見つかっていません
なので、スティーヴンソン博士は未決例にカウントしてます

41 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:15:24 ID:c4a
単細胞生物のどこに魂が実装されてるの?

42 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:18:01 ID:fYA
前世の記憶をもつ子どもたち昔読んだけど、悲惨な死を遂げた人も輪廻転生するみたいだね
かわいそうだな

43 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:34:33 ID:pC4
>>41
わかりません

>>42
横変死を遂げた前世が多いというデータが
あらゆる文化圏で共通しているみたいですね

44 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:35:38 ID:2D7
またかよ

45 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:47:40 ID:pC4
>>44
またですw

46 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:49:15 ID:hC5
こんな事例もあるよ ↓

 南北戦争時の南軍の名将として名高いリー将軍の生まれ変わりらしい赤ちゃんが、1989年、インドのニューデリー
に出現し話題になった。
この2歳の坊やは、周囲には英語を話す人もいないし教えられたはずもないのに、なぜか達者な英語をしゃべり出し
たのが、事の始まり。調査に当たった西独の精神科医で転生研究家のエーレン氏によれば、前世では確かにリー将軍
だったという根拠がいろいろ見つかった。
 
・坊やの話す英語は、南北戦争時の南部なまり。

・南軍将兵の絵を見せると敬礼する。

・周りの人にしきりに“トラベラー(リー将軍の愛馬の名前)”を連れて来てくれと懇願する。

・名前を呼ばれても反応しないが、“リー”とか“将軍”と呼ばれるとすぐ返事をする。

・南北戦争の有名な戦いの絵を見せると食い入るように見つめ、戦場の地名を正確に言い当てる。

「こんな幼児が、ゲティスバーグやアンティータムといった古戦場の名前をすらすら口に出した時、この子はリー将軍の生まれ変わりだと確信した。」
 とエーレン氏は断言した。

47 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)13:54:18 ID:pC4
>>46
真正異言ですね
こういう強力な事例があるから信じるわけです

48 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)14:16:02 ID:N1g
でもインドだよ

49 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)14:59:38 ID:pC4
>>48
インドは生まれ変わり型事例が多い国のひとつなんですよ

50 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:11:40 ID:N1g
インドは食べなくても平気な人とかもいるしね

51 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:14:54 ID:yNb
なろう小説ばかり読んでると異世界があるような気がしてくるのと同じやね

52 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:16:58 ID:pC4
>>50
本当ですか?

>>51
そういうのとは、またちょっと違います
研究者が執筆している本ですから

53 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:17:47 ID:N1g
小保方のアメリカの師匠も研究者だし

54 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:30:19 ID:pC4
>>53
臨死体験や生まれ変わりの研究をしてる人全員を
いんちき研究者呼ばわりする気ですか?
身分を明かして持論を展開してる分、ねらーより信頼性はある

55 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:32:13 ID:rvm
俺も生まれ変わりは信じてるよ。
実際に幽体離を何度か経験したことあるし。

56 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:32:49 ID:pC4
それに査読性の学術誌に
臨死体験や生まれ変わりの論文が載る位ですからね
(ランセットやJAMAは世界五大医学雑誌)
自称・研究者ではないでしょう
査読委員も認めてるわけです

57 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:33:40 ID:pC4
>>55
幽体離脱って夢とは区別がつくんですか?

58 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)15:35:10 ID:rvm
>>57
つくよ。つかないと自分の意志でコントロールできない。

59 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)16:01:36 ID:pC4
>>58
幽体離脱で何か見えない物や遠くの物を識別した事はありますか?
たとえば、茶碗の中にサイコロを投げ入れて
離脱後に確認するなどの行動です

60 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)16:05:23 ID:hC5
学者としての名声とかは得られにくい分野だから信憑性があるよね

61 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)16:06:50 ID:Lxp
幽体離脱ってのは明晰夢の亜種か上位互換だよ
むしろ明晰夢と変わらない
ただの脳内現象だ
自発的に出来るようになりたい

62 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)16:18:38 ID:pC4
>>60
むしろ汚名を被る危険性もあるわけですからね

>>61
脳内現象とは言い切れない事例も
臨死体験報告の中には多数あります
たとえば、幽体離脱して手術や蘇生を眺めていた等
医療関係者の裏付けもあります
上で紹介したパム・レイノルズの臨死体験は
医学的には脳死状態だった時に発生しています

63 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)16:21:32 ID:0LV
インドの聖者は大学教授を馬鹿にしてる
経験もなく大した知識もなく
他人から拝借し自分の成果として発表する泥棒

64 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)16:35:14 ID:pC4
>>63
それは良くない事ですね

66 :名無しさん@おーぷん : 2017/10/12(木)19:04:11 ID:pC4
やっぱり魂も死後の世界もあるんだと思います

1001: 人生相談とか日常とかピックアップ :2017/11/21 12:00
人気サイトの新着記事
[ 2017/11/21 12:00 ] 人生 | コメント(11)
コメント
※38417. 人生名無しさん : 2017/11/23 08:31
ちゃんとした本読めば意識は脳の作業領域でしかない事がわかるよ。
オカルト体験の殆どは現代程度の科学でも説明されてる。
※38418. 名無し猫 : 2017/11/23 09:51
三界は唯心の所現 by 釈迦
この世界は自分の意識が創りだした映像

魂は高次元の世界にある 
その意識を三次元で受信するのが脳
※38419. 人生名無しさん : 2017/11/23 10:32
君に中ではそうなんだろうね。
はいはい。
※38420. 過去のとある掲載から 1 : 2017/11/23 10:54
17.妄想オジサン:2016年07月25日 04:22 ID:jRZOWfzU0▼このコメントに返信

大脳生理学で脳が活動するとある周波数の微弱な電磁波(脳波)を発することは知られている。
この周波数は人によってまた活動状況によって若干周波数の差があるが、人間の発する脳波のパターンは似ている。
そのため脳波のパターンや周波数によって人間の脳がどういう状況に置かれているのか長年の研究で知られている。

普段は微弱なこの脳波、強い恐怖・強い苦痛・死の瞬間にも周囲に輻射されているはず。
もしかしたらその時の脳波は強いのかも知れない。

周囲の無機物にこの脳波パターンが焼き付き(レコーディング)、別人だが同調できる人物が同調し再現(プレイング)してしまうことがあり、同調度合いによっては受け手の脳内での再現内容がより具体的で現実味を伴うと仮定した場合、この現象が幽霊体験などにならないだろうか。
むろん、同調が低い場合は心霊体験をしないまたは気付けない。

よく霊は時間が経つにつれ変質していくと言うが、霊体験をした者が新たに脳波で上書きをしているとしたら、変質にも納得が出来る。
また、霊は高温の炎で浄化できるというのもレコーディングされた周囲の物の情報が損傷し、再生できなくなるとは考えられないだろうか。

以上が仮説として成り立つならば、霊を駆除する方法として人間が再生できないようにレコーディングされた内容を同じ周波数の強力な電磁波で内容を変えて(ただのノイズなどで)上書き消去(イレース)すれば良いのではないだろうか。

わたしはこういう研究が出来る環境ではないので、能ある暇な誰かに委ねたい。
むろん、反証され一蹴されるだろうが…。(笑)


51.妄想オジサン:2016年07月25日 19:21 ID:jRZOWfzU0▼このコメントに返信

※46
>もし電磁波だけで説明しようとすると「虫の知らせ」のような、遠方での事象を感知する例は説明できなくなりそうだけどな。

「脳波」の周波数をご存じだろうか?およそ20Hz以下、極極極超長波よりも低い周波数(波長は周波数が低くなるほど長くなる)だ。一般に電波時計が長波(30~300kHz)だと言うことは知られているが、長波を用いるのは障害物があっても周波数が低いと障害物を回り込んで(波の回折現象)遠方や向こう側に伝達できるからだ。ではその長波よりもさらに低い波長の「脳波」ならどうだろう。非常に微弱ではあるが地球の裏側にまで届くのではないだろうか。
もし、発信された「脳波」を受け同調できる人物がいたとしたら、まさに「虫の知らせ」が起きるのではないだろうか。
親子、兄弟、双子などの身体的要素が近ければ、受発信のハードが同じと考えられ、より再現性が高くなるのではないだろうか。

※電波の性質として、周波数が低いと伝達情報量は少なくなり(一定時間内の波の数が少ないため)、周波数が高いと伝達情報量は多くなる。そのため、昨今の通信関係では短波(3~30MHz)以上の波長がよく使われている。地デジ、携帯電話、無線LANなど情報量が多いものはさらに高い周波数の極超短波(300~3000MHz)を使用している。


※38421. 過去のとある掲載から 2 : 2017/11/23 10:57
54.妄想オジサン:2016年07月26日 04:15 ID:2FGMa.460▼このコメントに返信

※52
>電磁波みたいなものなら、布団より金網の方が効果ありそうだけどな。

発想は悪くはないが、20Hz以下の脳波は障害物(金網含む)を回折によって回り込んだり通り抜けたりするので効果はない。
また、周囲に記録(レコーディング)された情報は金網で遮っても読み取れるようなので、同調し再現(プレイング)する霊現象を防ぐ効果もないと思われる。


55.妄想オジサン:2016年07月27日 09:28 ID:SfAg8xDD0▼このコメントに返信

※46
最後につけ添え。この脳波によって発信・記録された情報によって「生まれ変わり」の説明もできる。
この「脳波による情報伝達及び記録再生説」を用いれば、同調・再現の内容が具体的過ぎるほど正確に再現された場合、時間や空間を超えて他人の知らない故人の記憶を受け継ぐ可能性があるのではないだろうか。
それは生まれ変わりの錯覚を起こし、周囲や本人に生まれ変わりだと思わせていないだろうか…。
魂や霊の存在、本当にあるのか疑問に思っている。


24.妄想オジサン:2017年08月07日 05:03 ID:7touPdta0▼このコメントに返信
海外の心霊研究で超能力の研究もされていてサイコキネシスの存在は肯定されている。
よって、上記の考察を経て霊体が起こす物理現象は、レコーディングされた情報を読み取り再現するプレイヤーの能力(いわゆるサイコキネシス)の類ではないかと思っている。
もっとも、インチキや勘違いや思い込みなものが多いのも事実で、心霊研究レベルでの検証が必要だと思っている。
※38423. 人生名無しさん : 2017/11/23 14:03
科学で精査された挙句、検証可能なESPは全てが間違いか勘違いか気のせいかペテンと暴かれた。
偶に長文で牽強付会のトンデモ議論カマす詐欺師か病気の誰かが居るだけ。
まあフィクションとしては面白い。
ジョージ・クルーニーのヤギと男と男と壁とは半笑いで1時間半いられた。
※38424. 人生名無しさん : 2017/11/23 17:55
どうして頑なに私後の世界を否定する人が多いのか。
死後の世界が有ると何か不都合があるのか。
※38425. 人生名無しさん : 2017/11/23 19:43
思考や意識が物理的現象ならばその時点で死後の世界は否定されるからだよ。
あと死を恐れる人間に詐欺師がメシのタネにしやすいから警戒するのは当たり前だ。
私語の世界なら誰も否定しないから思う存分楽しめ。
※38426. 人生名無しさん : 2017/11/23 19:43
思考や意識が物理的現象ならばその時点で死後の世界は否定されるからだよ。
あと死を恐れる人間に詐欺師がメシのタネにしやすいから警戒するのは当たり前だ。
私語の世界なら誰も否定しないから思う存分楽しめ。
※38429. 人生名無しさん : 2017/11/24 16:44
死後の世界がないと困るんだけどね。本当に死んだら終わり、だったら家族が亡くなったらその場で遺体は燃えるゴミに出せばいい。葬式なんて必要ない。ただそんな事が出来ないくらい人との間には撞着がある。「脳波が止まりました。この人物は消滅しました」愛する家族に対してそれを受け入れられる人なんていやしない。消滅してない、とするのならどうなるのか、それが死後の世界。

車やパソコンに対して人はそこまで撞着は示さない。だから車の葬式もしない、「壊れたら終わり」で車の死後の世界は存在しない。
※38431. 人生名無しさん : 2017/11/24 19:27
亡くなったら意識だけネットに残してくれんかなぁ
攻殻機動隊で見たが、最近意識してそう思うようになってきた
人と会う会わない別にして物事の成り行きを見ていたい





管理者にだけ表示を許可する